日本発着クルーズ

日本発着クルーズ旅行記⑤クルーズ3日目「釜山」観光(前編)【ダイヤモンドプリンセス】

当記事は2019年5月の旅行記です。

クマゴロ(@kumagoromi123)です。

ダイヤモンドプリンセスで行く日本発着クルーズ旅行記、この記事では、

  • 寄港地「釜山」での観光(前編)
    →市街地への行き方やEマートでの買い物など

について書いています。

前回の記事はこちら>>日本発着クルーズ旅行記④クルーズ2日目、終日航海日【ダイヤモンドプリンセス】

寄港地「釜山」での観光の様子は当記事と次の記事の2つに分けて書いていきます。

 

クマゴロ
クマゴロ
「ダイヤモンドプリンセスの日本発着クルーズってこんな感じ!」というイメージが伝われば幸いです

その他のクルーズ旅行記も書いています。良ければご参照ください^^

【クルーズ旅行記】カリブ海・地中海・ハワイetc我が家のクルーズ旅行記まとめ!我が家のこれまでのクルーズ旅行(計7回)の旅行記をまとめています。海外クルーズ、日本発着クルーズとも書いています。行った方面→カリブ海、地中海、南太平洋、ベトナム、ハワイ周遊、日本発着×2回...

釜山観光【前編】朝食と下船

クルーズ3日目、丸1日以上の移動を経てダイヤモンドプリンセスは韓国「釜山」に寄港しました。

ホライゾンコートにて朝食

朝食は14階のホライゾンコートにて。

ホライゾンコートの朝食①
ホライゾンコートの朝食②

釜山到着はお昼の予定でしたが、子供が食後にもどしてしまったこともあり、色々バタついて午前中はあっという間に時間が過ぎていました^^;

釜山に到着~下船・入国するまでの流れ

屋外エリアから見た釜山港と市街地
他のクルーズ船(アザマラとシルバーシー)

釜山に着岸後、外を見てみるとダイヤモンドプリンセス以外のクルーズ船も停泊していました。(アザマラクルーズの船とシルバーシーの船がいました)

ダイヤモンドプリンセスは釜山港に接岸しているため、クルーズ船から直接上陸することができます。

ギャングウェイ(下船口)は4階。ギャングウェイに行くとそのまま降りられるようになっています。

クマゴロ
クマゴロ
クルーズカードとパスポートは忘れずに持っていきましょう
ダイヤモンドプリンセス下船後の様子

船を降りてダイヤモンドプリンセスを見てみると改めてその大きさを感じることができます。これだけ大きいとそれなりの距離が無いと船全体の写真を撮るのは至難の業です^^;

入国手続きエリア

船を降りて人の流れに沿って進むとクルーズターミナル(入国手続きをする場所)があるので、そこに入って手続きが終われば自由に行動できるようになります。

何か特別な書類がいるわけではないので、クルーズカードとパスポートを持って行って係の人に提示すればOKです。

釜山観光【前編】釜山駅への移動

港には簡易の両替所あり!(レートは悪めです)

ターミナルを出てすぐの所に「簡易の両替所」もありました。

ATM2台と有人のカウンターが備わっています。

見たところ、両替のレートは若干悪い(※)ので、この段階で両替する必要があれば最低限の金額にしておいたほうが良いと思います。(私の場合は2,000円分くらい両替するに留めましたが、面倒であればここで両替するのが一番手っ取り早いです)

※レート参考(2019年5月時点)
当時の公示レート:100円≒約1077ウォン
簡易両替所のレート:100円≒980ウォン
簡易の両替所

港から釜山駅へは無料シャトルバスの利用がおすすめ!

港からは無料のシャトルバスが運行されており、これに乗ると釜山駅まで連れていってくれます。

歩いていけなくもありませんが、地味に距離があるのでシャトルバスに乗るのがおすすめです。

港⇔釜山駅を行き来するシャトルバス
シャトルバスの乗降場所①
シャトルバスの乗降場所②
シャトルバスの時刻表

釜山駅へはシャトルバスに乗って10分ほどで到着。釜山駅の2番出口付近が乗降場所になっていました。

クマゴロ
クマゴロ
帰りも利用する場合は出発時間や場所を確認しておきましょう

時刻表を見るに30分に1本の割合で運行されているようでした。

釜山観光【前編】Eマートでの買い物

クルーズで釜山を訪れるのは2018年のコスタネオロマンチカに続き2回目。

前回訪問時は釜山タワーやロッテ百貨店など、周辺を軽く散策する程度でしたが、今回は少し勝手が分かってきたこともあり、遠出してみることにしました。

関連記事>>【旅行記】コスタネオロマンチカで行く日本発着クルーズ⑥~寄港地「釜山(プサン)」~

妻が事前に、

「Eマートトレイダース」に行ってみたい!

ということで、Eマートトレイダースのある「ソミョン駅(西面駅/Seomyeon)」へ向かいました。

釜山駅からソミョン(西面)駅は電車1本ですぐ行ける!

ソミョン(西面)駅は釜山駅から電車に乗って10分ほどの距離(1号線の電車に乗って、5~6駅)にあります。

ソミョン(西面)の駅周辺

Eマートトレイダースの概要と行き方(西面駅から徒歩15分)

「Eマート・トレイダース」は”韓国版のコストコ”とも言えるお店で、いわゆる倉庫型のスーパーです。

ソミョン(西面)駅から北西方向に歩いて15分くらいのところにあります。

Eマートの道中にある目印(高架とタイヤが山積みなっているお店)

ほぼ一直線なのであまり迷うことはないかもしれませんが、一番の目印は電車の通っている高架です。この高架を過ぎると間もなくEマートトレイダースが見えてきます。

Eマートトレイダースの外観

Eマートトレイダースの店内

店内は写真のように広々としたフロアに商品が「箱買い」状態で陳列されています。

お気に入りのものがあればそのまま箱買いするもよし、バラで買うもよしです。

コストコでは、

  • 年会費を伴う会員登録が必要
  • 使えるクレジットカードが1つだけ

といった制約があったりしますが、Eマートは「会員登録不要」「クレジットカードは一通り使える」という点を売りにしているので、我々のような客でも初訪問でそのまま普段通りの買い物をするように楽しむことができます。

Eマートトレイダースの店内①
Eマートトレイダースの店内②
Eマートトレイダースの店内③

 

お菓子、日用品、乾麺、インスタント食品、(写真は載せられていませんが)パンや卵、お肉などの生鮮食料品に至るまであらゆるものが揃っています。

コストコに行ったことがある方であれば、店内はほぼコストコと思っていただいて良いと思います。

つい色々と買ってしまいそうになりますが、日本に持って帰る必要があることも踏まえてほどほどにしておきましょう。

Eマートトレイダースの飲食エリア(フードコート)

Eマートトレイダースの店内にはフードコートもあります。

これもコストコと似ていますね。

クマゴロ
クマゴロ
混んでいるようであれば先に席を確保したほうが安心です
フードコートの様子
フードコートの料理

ピザにプルコギベイク、食べられるメニューやボリュームもコストコそっくり^^;

ピザはかなりのボリュームなのに1切れ300円くらいとコスパも良いです。

ドリンクコーナー

飲み物はレジでもらえるタイプと自分で入れたり取ったりするタイプで分かれていました。

カトラリー

食器類はセルフサービスでした。

入口にはスターバックスも

フードコートに加えて、Eマートトレイダースの1階にはスターバックスも入っていました。

おわりに

この記事では釜山観光の前編ということで、釜山での下船の流れや釜山駅への移動、Eマートトレイダースの様子について書きました。

Eマートトレイダースは釜山駅から電車+徒歩で30分強あれば行けるので、半日観光のような位置づけで楽しむのもありだなと感じました。釜山再訪の際はまたリピートしようと思います。

次回の記事では釜山観光の後半として、ロッテマートでの買い物やダイヤモンドプリンセスに戻る時の様子などについて書いていきます。

次の記事を見る>>日本発着クルーズ旅行記⑥クルーズ3日目「釜山」観光-後編【ダイヤモンドプリンセス】

最後までお読みいただきありがとうございました。

あわせて読みたい

クルーズ旅行の旅行記やお金のこと、クルーズ船のこと、クルーズの選び方など、色々書いています。良ければご覧くださいませ。

この記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA