日本発着クルーズ

【旅行記】コスタネオロマンチカで行く日本発着クルーズ⑥~寄港地「釜山(プサン)」~

当記事は2018年8月の旅行記です。

クマゴロ(@kumagoromi123)です。

日本発着クルーズの旅行記、この記事では、

  • 釜山での観光(港からの移動や周辺散策)
  • 釜山観光後の船内での出来事(食事など)
  • 下船に向けた準備

について書いています。

日本発着クルーズのイメージを掴んでいただければ幸いです。

前回の記事はこちら。

>>【旅行記】コスタネオロマンチカで行く日本発着クルーズ⑤~寄港地「境港」~

その他のクルーズ旅行記も書いています。良ければご参照ください^^

【クルーズ旅行記】カリブ海・地中海・ハワイetc我が家のクルーズ旅行記まとめ!我が家のこれまでのクルーズ旅行(計7回)の旅行記をまとめています。海外クルーズ、日本発着クルーズとも書いています。行った方面→カリブ海、地中海、南太平洋、ベトナム、ハワイ周遊、日本発着×2回...

プサン(釜山)の場所など

プサン(釜山)は韓国の南東部に位置する都市です。

釜山広域市は、大韓民国南東部に位置する広域市(慶尚道地方)。人口規模はソウル特別市に次ぐ2位。対馬海峡に面し、古くから日本と朝鮮半島とを結ぶ交通の要衝として栄えてきた港湾都市である。首都ソウルと共に韓国の重要な金融センターになっている。
出典:釜山広域市 – Wikipedia

 

釜山は外国船の日本発着クルーズの航路で必ずと言っていいほど寄港する都市でもあります。

クマゴロ
クマゴロ
カポタージュ規制と言って、外国のクルーズ船は必ず日本以外の場所に1か所以上寄港するルールになっています

釜山での下船の流れ

釜山で停泊する場所は「釜山港国際旅客ターミナル」

釜山港国際旅客ターミナル[Advectionfog]

釜山到着後、コスタネオロマンチカから、連絡用の通路を通って直接ターミナル内に行くことができます。

ターミナル内はひたすら道なりに進めばOK!

ターミナル内に出てきたら「到着ロビー」の看板に従ってひたすら道なりに進めば問題ありません。

上の写真のように長い通路を経て、上の写真④のエリアまで出てくれば後は自由行動です。(前日に入国審査を終えているので、ここで新たに手続き等をする必要はありません)

ターミナルからコスタネオロマンチカが少し見えました。

ターミナル内には両替所や観光案内所あり!

この「釜山港国際旅客ターミナル」はクルーズ船だけでなく、日本⇔釜山を行き来するフェリーでも利用されるターミナルです。

中には両替所や観光案内所、レストランやコンビニなどもあります。

両替所(左)と観光案内所(右)

市街地へはコスタクルーズ用の無料シャトルバスあり

コスタネオロマンチカの場合、ターミナルの1階から釜山駅行きの無料シャトルバスが出ています。これに乗れば無料で釜山の市街地(釜山タワー付近)まで行くことができます。

釜山の観光ダイジェスト

シャトルバスに乗ること約10分。「釜山タワー」の近くで降ろしてくれます。

龍頭山公園&釜山タワー|韓国釜山観光-プサンナビ (pusannavi.com)

釜山タワーは高台にあるので、高低差や階段多めです。

釜山タワーのほど近くに「ロッテ」の百貨店や繁華街がありそうだったので、そのまま徒歩で散策しました。

クマゴロ
クマゴロ
釜山は「チャガルチ市場」という市場が近くにあることでも有名です

釜山観光①ロッテ百貨店

釜山タワーは高台にあり、地上に降りてすぐのところに「ロッテ百貨店」を発見。

地上から行くこともできますし、地下から入ることもできます。

ロッテ百貨店の地下には「ロッテマート」があります。

ここでお土産品などを調達しました。

スーパーだけでなく、飲食店が並んだエリアもありました。

クマゴロ
クマゴロ
食事したり、お土産探しであればロッテ百貨店に行けば間違いないと思います

釜山観光②イニスフリー(innisfree)で韓国コスメ購入

ロッテマートで買い物をした後は韓国コスメのお店「イニスフリー」へ。

イニスフリー 日本公式 オンラインショップ (innisfree.jp)

イニスフリー (南浦店) クチコミ・アクセス・営業時間|釜山【フォートラベル】 (4travel.jp)

日本にもお店があるので「ここでしか買えない!」という訳ではありませんが、日本より断然安価で買えるので、妻が個人用&お小遣い稼ぎ用に色々買ってました。

途中、インスタ映えしそうなかき氷も頂きました。(お店の写真は撮り損ねました、、、)

釜山観光③釜山タワー

一通りの散策を終えたところで、再度、釜山タワーへ。

コスタネオロマンチカへ戻る際は釜山タワーふもとがバスの乗り場になります。(上の写真)

この建物の中には免税店もあります。もしバスの時間に余裕があるのであれば時間調整にちょうど良いと思います。

釜山国際旅客ターミナルにて

釜山タワーでシャトルバスに乗り、15分ほどでターミナルに到着。

コスタネオロマンチカに戻るには「クルーズ乗客こっち」の看板を目指して歩いていけば問題ありません。

ターミナル3階には土産屋さんもあります。

船に戻る直前にお土産屋(こちらは免税店?)がもう1店舗あります。

余談ですが、ターミナル内には授乳スペースも充実していました。

コスタネオロマンチカの船内にて

釜山でもあまり天気には恵まれませんでした、、、残念。

コスタネオロマンチカの下船準備!

今回のクルーズはこの釜山が最後の寄港地となります。

下船する時に荷物を予め運んでおいてほしい人は下船前夜に荷物を廊下に出しておく必要があります。

事前に下の写真(左)のようなタグが配布されるので、氏名等を書いて、スーツケースなどに付けて廊下に出しておけば、係の人が深夜にピックアップしてくれます。

片付けやら荷物の整理などをしていたら良い時間になり、結局そのまま就寝。。。

おわりに

日本発着クルーズの最後の寄港地、釜山での滞在も終わり、翌日はいよいよコスタネオロマンチカ下船(クルーズ最終日)です。

初めて釜山を観光してみて、少し勝手が分かってきたので次行くときは地下鉄に挑戦するなど、もう少し行動範囲を広げてみたいところです。

次回の記事では日本発着クルーズ最終日、コスタネオロマンチカの下船について書いていきます。

>>【旅行記】コスタネオロマンチカで行く日本発着クルーズ⑦~下船手続き~【完】

最後までお読みいただきありがとうございました。

あわせて読みたい

クルーズ旅行の旅行記やお金のことなど、色々書いています。良ければご覧くださいませ。

この記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA