日本発着クルーズ

【旅行記】コスタネオロマンチカで行く日本発着クルーズ③~寄港地「舞鶴」と天橋立観光~

当記事は2018年8月の旅行記です。

クマゴロ(@kumagoromi123)です。

外国船「コスタネオロマンチカ」で行く日本発着クルーズ旅行記。

この記事では、

  • 舞鶴での観光(港からの移動や天橋立観光)
  • 舞鶴観光後の船内の様子(食事など)

について書いています。

日本発着クルーズのイメージを掴んでいただければ幸いです。

前回の記事はこちら。

>>【旅行記】コスタネオロマンチカで行く日本発着クルーズ②~乗船手続きとクルーズ1日目~

その他のクルーズ旅行記も書いています。良ければご参照ください^^

【クルーズ旅行記】カリブ海・地中海・ハワイetc我が家のクルーズ旅行記まとめ!我が家のこれまでのクルーズ旅行(計7回)の旅行記をまとめています。海外クルーズ、日本発着クルーズとも書いています。行った方面→カリブ海、地中海、南太平洋、ベトナム、ハワイ周遊、日本発着×2回...

舞鶴(京都府)について

コスタネオロマンチカの日本発着クルーズ、1つ目の寄港地は「舞鶴」

京都府の北部に位置する市です。「天橋立」のある宮津市の隣に位置しています。

舞鶴市 公式ホームページ (city.maizuru.kyoto.jp)

外国船・日本船問わず、クルーズ船が寄港したり、「新日本海フェリー」が舞鶴~小樽間の国内フェリーを運航するなど、港町としての一面もあります。

新日本海フェリー | 舞鶴・敦賀・新潟・秋田と北海道を結ぶフェリー航路。 (snf.jp)

舞鶴・宮津の観光情報【参考】

観光の参考情報として舞鶴や天橋立のある宮津市のリンクを載せておきます。

【舞鶴の観光】

海の京都 舞鶴の観光情報|まいづる観光ネット (maizuru-kanko.net)

【宮津の観光】

宮津市観光サイト|海の京都観光圏 (uminokyoto.jp)

【天橋立】

「海の京都」天橋立観光ガイドー天橋立観光協会|日本三景| (amanohashidate.jp)

舞鶴で下船するまで

この日はお昼頃の舞鶴到着ということもあり、午前は船内にてゆっくり過ごしました。

下船は下船口(ギャングウェイ)に直接行けばOK

13時半過ぎに舞鶴に着岸。14時前に下船口(ギャングウェイ)へと向かいました。

ギャングウェイは写真のようにかなり混んでいました。

クマゴロ
クマゴロ
早く観光に行きたいという考えはみな同じですね。

舞鶴から「天橋立」に向かうことに

調べてみると、舞鶴から「天橋立」へは電車で1時間ほど。

せっかくなので天橋立に行ってみることにしました。

クマゴロ
クマゴロ
日本だと行き方や所要時間などをすぐに調べられるのが良いですね

舞鶴から天橋立への移動

この日はあいにくの天気でした。

船を降りるとターミナル内に最終の乗船時間(上の例だと21時半)が書かれた看板があります。最終乗船時間までには戻ってくるようにしましょう。

港から最寄りの西舞鶴駅へは有料シャトルバスの利用が必要

船を降りて道なりに進んでいくと、シャトルバスが待機しています。

このシャトルバスを利用することで最寄駅である「西舞鶴駅」まで行くことができます。

シャトルバスは有料で、料金は、

  • 大人:200円
  • 子供:100円
  • 幼児:無料

でした。(運賃は乗る前に先払い&片道ごとに必要)

西舞鶴駅は港からバスで10分ほどの距離にあります。

西舞鶴駅。

豪雨の影響で西舞鶴駅⇔東雲駅が通行止めに…※現在は解消

旅行当時、「平成30年7月豪雨」の影響で、西舞鶴駅-東雲駅間が通行止めとなっていました。

当時、西舞鶴駅⇔東雲駅を行き来する代行バスが運行していたものの、代行バスの時間が合わず、急きょタクシーで移動することにしました。

西舞鶴駅→東雲駅はタクシーで約20分、料金は約3,000円ほどでした。

クマゴロ
クマゴロ
結果論ですが、港から直接タクシーで東雲駅に向かったほうが時間・費用とも良かったかもしれません。

【路線図更新情報】京都丹後鉄道宮舞線の東雲〜西舞鶴駅間が運転再開〜日本[関西]エリア – 株式会社TOKYO STUDIO

通行止めは平成30年8月29日に復旧しています

東雲駅からは電車で天橋立へ

東雲駅はいわゆる無人駅です。

東雲駅から先は電車が動いていたので、電車に乗って天橋立に向かいました。

天橋立へと向かう電車。レトロな感じがします。

天橋立に到着!

東雲駅から40分ほどで天橋立駅に到着です。

西舞鶴駅からだと最低でも1時間は見ておいたほうが良さそうです。

天橋立での観光

「天橋立」といえば…

Photo by Ryutaro Tsukata from Pexels

この景色を思い浮かべる人も多いと思います。

 

が…、残念ながら我が家はこの絶景を見ずに終わりました…苦笑

「天橋立ビューランド」は混雑と時間不足のため断念…

せっかくの天橋立、ここまで来たらあの景色が見たい!ということでビューランドの入り口に行くも、

  • 1時間弱の待ち時間あり(到着時点で既に夕方)
  • 往路の通行止めの影響を鑑みるとスムーズに帰れるか分からない
  • 仮に行ってもゆっくり見られそうな時間がない(18時には終了)

ということで、「残された時間的にリスク高いかも」という判断から天橋立ビューランドに行くのは諦めて、周辺散策するに留めることにしました…。

天橋立の周辺散策と食事

天橋立を見れなかった代わりに周辺を散策。

とても雰囲気の良い街並みでした。

標高の高い場所からは天橋立の景色を見られなかった代わりに、地上から少し見ることができました。(微妙…)

海鮮丼1,300円、シラス丼1,000円

遅めの昼食は近くの定食屋さんで「海鮮丼」と「シラス丼」を頂きました。

いちごおり750円

食後に「いちごおり」なるスイーツも頂きました。

天橋立駅から西舞鶴駅へ

一通りの観光が終わり、帰路へ。

天橋立駅から西舞鶴駅までは通常、電車で1時間程度ですが、

  • 途中の宮津駅で待ちが発生
  • 豪雨による通行止めのため東雲→西舞鶴は代行バス移動

ということもあり、本来50分ほどの電車移動が1時半くらいかかりました。

天橋立から西舞鶴|乗換案内|ジョルダン (jorudan.co.jp)

西舞鶴駅に着くころにはすっかり日も落ちていました。

西舞鶴からコスタネオロマンチカへは再度シャトルバス利用

西舞鶴到着後はそのままシャトルバスへ乗って港へ。

帰りは電車が遅れたこともあり、もし天橋立ビューランドも追加で行ってたら船に戻るのが危なかったかもしれません。

コスタネオロマンチカに乗船する際にはクルーズカードのチェックと荷物検査があります。

チェックを通過すれば無事、乗船完了です。

コスタネオロマンチカの船内にて

メインダイニングは混雑していたこともあり、この日の夕食はビュッフェレストランにて。

大抵の人は夕食はメインダイニングか有料レストランに行くので、夜のビュッフェレストランは、

  • あまり混んでいない
  • ドレスコードをそこまで気にしなくて良い

ということもあり、結構穴場だったりします。

おわりに

豪雨による電車の通行止めや混雑による天橋立の鑑賞断念など、不運が重なった1日でした。こればかりは致し方なしですね。。

次スムーズに観光するための経験を積めたと前向きに考えようと思います^^;

次回の記事では日本発着クルーズ2つ目の寄港地「金沢」について書いていきます。

>>【旅行記】コスタネオロマンチカで行く日本発着クルーズ④~寄港地「金沢」~

最後までお読みいただきありがとうございました。

あわせて読みたい

クルーズ旅行の旅行記やお金のことなど、色々書いています。良ければご覧くださいませ。

この記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA