日本発着クルーズ

日本発着クルーズ旅行記④クルーズ2日目、終日航海日【ダイヤモンドプリンセス】

当記事は2019年5月の旅行記です。

クマゴロ(@kumagoromi123)です。

ダイヤモンドプリンセスで行く日本発着クルーズ旅行記、この記事では、

  • 終日航海日の出来事(食事や船内の様子)

について書いています。

前回の記事はこちら>>日本発着クルーズ旅行記③クルーズ1日目【ダイヤモンドプリンセス】

 

クマゴロ
クマゴロ
「ダイヤモンドプリンセスの日本発着クルーズってこんな感じ!」というイメージが伝われば幸いです

その他のクルーズ旅行記も書いています。良ければご参照ください^^

【クルーズ旅行記】カリブ海・地中海・ハワイetc我が家のクルーズ旅行記まとめ!我が家のこれまでのクルーズ旅行(計7回)の旅行記をまとめています。海外クルーズ、日本発着クルーズとも書いています。行った方面→カリブ海、地中海、南太平洋、ベトナム、ハワイ周遊、日本発着×2回...

終日航海日の出来事(午前)

クルーズ2日目は終日航海日。

終日航海日は次の目的地(今回は釜山)に向けて丸1日移動する日のことで、船内では多くのイベントが開催されています。私のように(?)ひたすら食べるもよし、ジムで汗を流すもよし、イベントに参加して楽しむもよし、部屋でのんびり過ごすもよし、終日航海日の過ごし方は人それぞれです。

メインダイニングにて朝食

メインダイニングは通常、夕食のみ利用する場所ですが、終日航海日など一部の日程で朝食利用OKの日が設けられることがあります。

クマゴロ
クマゴロ
メインダイニングの朝食がOKかどうかは船内新聞に載っています
メインダイニングの朝食
朝食のメニュー

パンに卵料理、ベーコン、シリアル、ヨーグルトなど、朝食で選ばれそうなメニューは一通りそろっています。(←このあたりのメニューはビュッフェレストランにもあります)

メインダイニングじゃないと食べられないかも?と思ったのは「和定食」

上の写真のように割と本格的な盛り付けで出てきました。(驚き)

味は悪くはありませんが、日本国内のホテル朝食のような和定食を想像するのは少し期待しすぎかもしれないので、「和定食風の食事が楽しめる」くらいに考えておくのが良いと思います^^;

ダイヤモンドプリンセスの船内にて

朝食後は船内を散歩しながら散策。

船内イベント(スイカの飾り切りのショー?)
カジノ入口の看板
ダイヤモンドプリンセスのカジノ(この写真は初日に撮影)

船内の至る所でイベントをやっていたり、カジノも盛況でした。(カジノは日本の領海を過ぎたタイミングで営業開始になります)

散歩していると出会った、ダイヤモンドプリンセスのオフィサー(幹部)のお子さん。

奥様に聞くところによると、旦那様がオフィサーをやっていて、家族招待的な位置づけで乗船しておられるようでした。

しかしこのお子さん、ハグやらスキンシップがとってもお上手(というか自然)で、見ているこちらがずっとソワソワしてました(←親ばか)

ダイヤモンドプリンセスの航跡

クルーズ船の後方から見られる波の跡。航跡(こうせき)というそうです。

航跡を見るのが個人的にとても好きで、クルーズ旅行の中で見られる景色の中のお気に入りの1つです。

終日航海日の出来事(午後)

ビュッフェレストラン「ホライゾンコート」で昼食

部屋で一休みしたり、運動しているうちにお昼時になり、ビュッフェレストランの「ホライゾンコート」へ。

ビュッフェレストランの食事①

初日に見つけたラーメンに挑戦!意外と(?)しっかりとした味付けでアリでした^^

ビュッフェレストランの食事②
ビュッフェレストランの食事③
ビュッフェレストランの食事④
ビュッフェレストランの食事⑤

この日はラーメンとそうめんに加えて「手巻き寿司」もありました。

ビュッフェレストランは色々なジャンルの食事があり、メニューも日によって違うので飽きることなく楽しめます。

客室ではオンデマンドビデオも楽しめる!

少し娘がご機嫌斜めだったこともあり、客室へ避難。。

疲れた時や子供に何かあった時などにすぐに客室に帰って休めるのもクルーズの良いところかなと今回感じました。

子供を落ち着かせている間に客室内のテレビを見てみると、なんとニュースやオンデマンドビデオが見られることが判明!

クマゴロ
クマゴロ
船内で映画まで見られるのはダイヤモンドプリンセスで初めて体験しました
客室内のテレビ(航路図や船内番組以外の映像もあり)

子供が落ち着て寝ている間に夫婦でずっと映画見てました^^;

ほんとは船内をもっと見て回りたかったのですが、こればかりは致し方なしですね。

終日航海日の出来事(フォーマルナイト)

終日航海日のこの日は「フォーマルナイト」でした。

フォーマルナイトはドレスコードに「フォーマル」が指定される日で、1回のクルーズ中に1~2日程度設けられることがあります。(一概には言えませんが過去の経験上、2日目の夜が”フォーマル”に指定されるケースが多かったです)

フォーマルナイトということもあり、周りの方々も着飾っておられました。

フォーマルナイトに何を着るかは人それぞれではありますが、目安としては「結婚式に参加するような服装」くらいに考えたら良いと思います。

クマゴロ
クマゴロ
着物を着ておられる方もいました
メインダイニングの様子
メインダイニングの食事
メインダイニングのメニュー

ドレスコードこそ違いますが、フォーマルナイトだからと言ってメインダイニングのメニューまでガラッと変わるということはありません。メニューは通常通りです。

ダイヤモンドプリンセス名物「シャンパンタワー」

ダイヤモンドプリンセスのフォーマルナイトの際に見逃せないのが「シャンパンタワー」イベント。

船長も登場し、船長とシャンパンタワーに一緒にシャンパンを注ぐ、というイベントが30分~1時間くらいの間だけ開かれます。

写真撮影もしてくれるので、ダイヤモンドプリンセスの乗船記念として参加してみると良いかもしれません^^

ダイヤモンドプリンセス船長とシャンパンタワー(右の写真は別イベント時に撮影)

子供がおねむ状態だったので、我が家は参加は見送り、遠目で見物するに留めました。

ダイヤモンドプリンセスの屋外エリア①
ダイヤモンドプリンセスの屋外エリア②

おわりに

終日航海日、相変わらず(?)食べる・休む・そして食べる、な1日でした。

客室内のテレビで映画やニュースが見られるのはこの日一番の驚きでした。映画は割と最新のものが見えた(しかも吹替版or日本語字幕あり)ので、あえて部屋でゆっくり過ごすというのもありかもしれませんね。

丸1日の移動を経て、翌日は韓国「釜山」に寄港します。

次の記事を見る>>日本発着クルーズ旅行記⑤クルーズ3日目「釜山」観光(前編)【ダイヤモンドプリンセス】

最後までお読みいただきありがとうございました。

あわせて読みたい

クルーズ旅行の旅行記やお金のこと、クルーズ船のこと、クルーズの選び方など、色々書いています。良ければご覧くださいませ。

この記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA