クルーズの行き方・選び方

【クルーズの選び方】目的地は全世界!押さえておきたい海外発着クルーズの特徴!

クマゴロ(@kumagoromi123)です。

この記事は「【クルーズの選び方】クルーズは時期×目的地×クルーズ会社×客室で決めよう!【日本発着編】」の関連記事です。

前の記事では、

  • 日本発着クルーズの選び方の4つのポイント
  • 日本発着クルーズの特徴

について解説しました。今回は「海外発着クルーズ」の観点で説明していきます。

海外発着クルーズ(海外クルーズ)の選び方も、基本的な考え方は日本発着クルーズと同じ、以下の4点です。

クルーズ選びのポイント4つ
  1. 旅行の時期:いつ、どのくらい休めるか?
  2. 目的地:どこにいくか?(日本or海外)
  3. クルーズ会社:どのクルーズ会社を利用するか?
  4. 客室:どの客室にするか?(内側~スイート)

海外クルーズの場合は、「②目的地」「③クルーズ会社」の選択肢の幅がぐっと広がります。

この記事では、クルーズ選びのポイントについて軽くおさらいしつつ、

  • 海外クルーズの2つの特徴
  • ベストシーズンを踏まえたクルーズ選び

について解説していきます。

クルーズ旅行に興味あるけど、どう選べば(調べれば)良いか分からない!

という悩みの一助になれば幸いです。

クルーズ選びの4つのポイント(おさらい)

まず、クルーズ選びのポイントとしては大きく分けて以下の4つです。

クルーズ選びのポイント
  1. 旅行の時期:いつ、どのくらい休めるか?
  2. 目的地:どこにいくか?(日本or海外)
  3. クルーズ会社:どのクルーズ会社を利用するか?
  4. 客室:どの客室にするか?(内側~スイート)

【クルーズの選び方】クルーズは時期×目的地×クルーズ会社×客室で決めよう!【日本発着編】」の記事では、

休める(休む)時期や期間を決める→日本発着をやっているクルーズ会社(日本船または外国船)から好きな船・コースを選ぶ→予算に応じて客室を決める

大まかに書くとこのような流れで決めると良いですよ~と書きました。

日本発着のクルーズは日本船含めて数が限られていることもあり、比較的、検討しやすいと思います。

海外クルーズで知っておきたいポイント

ここからは海外発着クルーズについて書いていきます。

海外発着クルーズも、選び方は基本的には上述の日本発着クルーズと同じです。

ただ、海外発着クルーズの場合は日本発着と違って、

  • ほぼ全世界が目的地になる!
  • クルーズ会社や船の選択肢が増える!

といった特徴があります。

これらの特徴を押さえた上で、クルーズ選びのポイントについて書いていきます。

海外クルーズの特徴①ほぼ全世界が目的地になる!

多くのクルーズ会社が世界各地でクルーズを運航しています。

  • カリブ海
  • 地中海
  • エーゲ海
  • アラスカ
  • アメリカ(西海岸/東海岸)
  • アメリカ(ハワイ)
  • 中東
  • 北欧
  • オセアニア
  • 東南アジア
  • 南極

ざっと書くだけでも10以上の方面(海域)を挙げることができます。

海外発着のクルーズであれば、これらすべてが目的地になるので、日本発着クルーズに比べて行き先の選択肢がぐっと増えるのが分かっていただけると思います。

クマゴロ
クマゴロ
次はどこに行こう、と考えるとワクワクしますね

海外クルーズの特徴②クルーズ会社と船の選択肢が増える!

日本発着クルーズでは、以下のクルーズ船が運航している(予定含む)と書きました。

  • 日本船①:飛鳥Ⅱ(郵船クルーズ)
  • 日本船②:にっぽん丸(商船三井客船)
  • 日本船③:ぱしふぃっくびいなす(日本クルーズ客船)
  • 外国船①:コスタセレーナ(コスタクルーズ)
  • 外国船②:MSCベリッシマ(MSCクルーズ)
  • 外国船③:ノルウェージャンサン(ノルウェージャンクルーズ)
  • 外国船④:ダイヤモンドプリンセス(プリンセスクルーズ)
  • 外国船⑤:セレブリティソルスティス(セレブリティクルーズ)
  • 外国船⑥:クイーンエリザベス(キュナードライン)

海外発着クルーズの場合、日本船の運航は原則なく(※1)、外国船のみが運航しています。

外国のクルーズ会社はそれぞれが上記の船以外にも5~20隻程度のクルーズ船を保有しているので、同じクルーズ会社でも、目的地ごとに船を変えて、全世界をカバーしています。

例えば、ノルウェージャンクルーズを例にとると、

  • ノルウェージャンエピック→地中海
  • ノルウェージャンブリス→アラスカ
  • プライドオブアメリカ→ハワイ

というように、船によって担当する方面が違います。

また、日本発着クルーズを運航していないクルーズ会社(※2)も海外発着クルーズを考える上では選択肢にに入ってきます。

  • カーニバルクルーズ(カジュアル)
  • ディズニークルーズ(カジュアル)
  • ホーランドアメリカ(プレミアム)
  • ドリームクルーズ(プレミアム)
  • クリスタルクルーズ(ラグジュアリー)
  • シルバーシー(ラグジュアリー)
  • シーボーン(ラグジュアリー)

※カッコ内はクルーズ船のランクを表しています。

クルーズ船のランクについては「クルーズ船のランク分け?カジュアル・プレミアム・ラグジュアリーそれぞれの特徴をざっくり解説!」でも解説しています。

また、「帆船クルーズ」を行っている「スタークリッパーズ」や「ウインドスタークルーズ」、ヨーロッパでリバークルーズを行っている「ルフトナークルーズ」「バイキングクルーズ」、ガラパゴス諸島などの小さな島を巡る探索船(エクスペディションクルーズ)なんかもあります。

※1:飛鳥Ⅱの世界一周クルーズなど、一部のクルーズは除きます
※2:厳密には日本発着クルーズを1、2回予定しているクルーズ会社もあります

クマゴロ
クマゴロ
ほぼ全世界が目的地×色々なクルーズ会社を選べるとなると、可能性は無限大ですね

海外クルーズを考えるで知っておきたいベストシーズン!

クルーズの各方面にはそれぞれベストシーズンがあります。目安としては以下の通りです。

カリブ海12月~4月
地中海5月~10月
エーゲ海5月~10月
アラスカ5月~9月
ハワイ4月~9月(基本は年中)
北欧5月~9月
オセアニア11月~3月
東南アジア1月~5月
南極12月~2月

ベストシーズンに休みを合わせて行けると、より一層、クルーズ旅行を楽しめます。

クマゴロ
クマゴロ
カリブ海、地中海、オセアニア、ハワイの4方面は我が家も行きました。

関連記事>>【旅行記まとめ】オアシスオブザシーズで行くカリブ海クルーズ
関連記事>>【旅行記まとめ】ノルウェージャンエピックで行く地中海クルーズ
関連記事>>【旅行記まとめ】セレブリティソルスティスで行く南太平洋クルーズ
関連記事>>【旅行記まとめ】プライドオブアメリカで行くハワイクルーズ

海外クルーズは行きたい場所×クルーズ会社を決めよう

海外発着クルーズは目的地やクルーズ会社の選択肢が広がる分、「どこに行こう?」と悩むかもしれませんが、各方面のベストシーズンと休む時期を踏まえてまず行き先を決めるのがおすすめです。

  • 例1:8月に休む→地中海かアラスカが良さそう
  • 例2:年末年始の休み→カリブ海クルーズが良さそう

行き先の大枠を決めた上で、クルーズ会社(と客室)をどこにするか絞り込んでいくと決めやすいですね。

クマゴロ
クマゴロ
カジュアルクラスのクルーズ船が手頃に行ける&楽しみやすくて個人的にはおすすめです!

クルーズ相談は旅行代理店にしてみよう!

クルーズの相談はクルーズ旅行を専門に扱っている旅行代理店に聞いてみるのがおすすめです。

【クルーズの選び方】クルーズは時期×目的地×クルーズ会社×客室で決めよう!【日本発着編】」の再掲ですが、クルーズを扱っている旅行代理店の情報を以下に書いています。

クルーズの予約については別の記事でも解説しています。

関連記事>>【クルーズの予約】予約方法は旅行代理店or公式サイトの2択!それぞれの特徴をざっくり解説!

関連記事>>【クルーズを安くお得に!】クルーズの早期予約とキャンペーン活用のススメ!

まとめ

この記事では、

  • 海外クルーズの2つの特徴
    →①目的地が増える(全世界が目的地!)
    →②クルーズ会社・船の選択肢が増える!
  • ベストシーズンを踏まえたクルーズ選び
    →休む時期とクルーズのベストシーズンを踏まえて絞り込んでいく

について解説しました。

クルーズ選びの参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

あわせて読みたい

クルーズ旅行の旅行記やお金のことなど、色々書いています。良ければご覧くださいませ。

この記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA