クルーズの行き方・選び方

クルーズ選びのポイント4つ!クルーズは時期・目的地・クルーズ会社・客室で決めよう!【日本発着編】

クマゴロ(@kumagoromi123)です。

 

クルーズ旅行に行ってみたい!
興味はあるけどどうやって選べばいいか分からない、、、

 

クルーズ旅行に興味あるけど、どう選べば(調べれば)良いか分からない!

と思ったことありませんか?私は最初思いました笑

クルーズ旅行は、

  • 「数泊のショートクルーズ」から「世界一周クルーズ」まで盛り沢山!
  • 日本だけでなく、海外も入れるとほぼ全世界が目的地!
  • クルーズ会社は数十社以上!

というように、非常に多くの選択肢があります。

そんなクルーズについて、これまでに7回(計50泊)のクルーズ旅行を楽しんできた経験から、この記事で「こういう観点でクルーズを見たら良いよ~」というクルーズ選びのポイント4点をまとめました。

クルーズ選びのポイント4つ
  1. 旅行の時期:いつ、どのくらい休めるか?
  2. 目的地:どこにいくか?(日本or海外)
  3. クルーズ会社:どのクルーズ会社を利用するか?
  4. 客室:どの客室にするか?(内側~スイート)

大きく分けて「日本発着クルーズ」「海外発着クルーズ」の2種類あるクルーズのうち、この記事では「日本発着クルーズ」について書いていきます。

関連記事>>【クルーズの選び方】目的地は全世界!押さえておきたい海外発着クルーズの特徴!

クマゴロ
クマゴロ
数あるクルーズから自分に合ったものを選ぶ参考になれば幸いです。日本発着クルーズの特徴やクルーズ会社や旅行代理店のホームページついても触れています。

クルーズ選びの4つのポイント

冒頭に書いた、自分に合ったクルーズを選んでいくための4つの観点、

クルーズ選びのポイント
  1. 旅行の時期:いつ、どのくらい休めるか?
  2. 目的地:どこにいくか?(日本or海外)
  3. クルーズ会社:どのクルーズ会社を利用するか?
  4. 客室:どの客室にするか?(内側~スイート)

についてそれぞれ解説していきます。

クマゴロ
クマゴロ
①~④を決める順番は人それぞれなので、順序は目安としてお考え下さい

ポイント①「旅行の時期」

いつでも休めるよ!という方は別にして、多くの方は長めの休みを取れる時期は限られてくるのではないでしょうか?

例えば、フルタイムで働く人であれば、ゴールデンウイーク、お盆(夏休み)、年末年始あたりが大型のお休みになることが多いと思います。

  • 長めの休みは年末年始だけ!
  • 8月は休みの調整がしやすい!
  • 1週間以上の休みは厳しい

という具合に休む時期や期間の目星が付けられれば、クルーズの候補を絞り込めます。

例えば8月に休みが取れるのであれば、「8月に行けるクルーズを探す」という具合ですね。(書くまでのなく当たり前の話かもですが・・・)

ポイント②「目的地」

クルーズ旅行は大きく分けて、

  • 日本発着クルーズ(原則、国内で完結するクルーズ)
  • 海外発着クルーズ(海外の港まで移動し、そこからクルーズ)

この2つに分類することができ、どちらを楽しみたいかによっても選択肢の幅が変わってきます。

この記事では「日本発着クルーズ」の前提で書いていきます。海外発着クルーズについては別の記事で解説します。

>>【クルーズの選び方】目的地は全世界!押さえておきたい海外発着クルーズの特徴!

クマゴロ
クマゴロ
日本発着の場合は「横浜」が発着地となるケースが多いです。「東京」「神戸」の航路もあります。

ポイント③「クルーズ会社」

日本発着クルーズの場合、運航しているクルーズ会社が少し限られてきます。

日本発着クルーズは日本のクルーズ会社、海外のクルーズ会社それぞれが運航しており、主には、

  • 日本船①:飛鳥Ⅱ(郵船クルーズ)
  • 日本船②:にっぽん丸(商船三井客船)
  • 日本船③:ぱしふぃっくびいなす(日本クルーズ客船)
  • 外国船①:コスタセレーナ(コスタクルーズ)
  • 外国船②:MSCベリッシマ(MSCクルーズ)
  • 外国船③:ノルウェージャンサン(ノルウェージャンクルーズ)
  • 外国船④:ダイヤモンドプリンセス(プリンセスクルーズ)
  • 外国船⑤:セレブリティソルスティス(セレブリティクルーズ)
  • 外国船⑥:クイーンエリザベス(キュナードライン)

あたりが挙げられます。※2021年6月時点
(細かく見ればもう少しあります)

クルーズ船は「ランク分け」されることがあり、このランクに応じて大まか予算や船の雰囲気が変わってきます

関連記事>>クルーズ船のランク分け?カジュアル・プレミアム・ラグジュアリーそれぞれの特徴をざっくり解説!

上記のクルーズ船を例にとると、

  • 【カジュアル】コスタセレーナ/ノルウェージャンサン/MSCベリッシマ
  • 【プレミアム】ダイヤモンドプリンセス/セレブリティソルスティス
  • 【ラグジュアリー】クイーンエリザベス/日本の3つの船

このようになります。

関連記事>>【クルーズの客室を知る】内側からスイートまで4種類の客室についてをざっくり解説!

クマゴロ
クマゴロ
コスパ良くクルーズをエンジョイ!という場合はカジュアル船、優雅な船旅を楽しみたい!という場合はラグジュアリー船がおすすめです

ポイント④「客室」

上記の「ポイント③クルーズ会社」でも少し触れましたが、「どの客室にするか」についても重要なポイントになってきます。

客室は大きく分けて、

  • 内側客室
  • 海側客室
  • バルコニー客室
  • スイート客室

この4つがあり、内側客室を基準に、スイート客室になるにつれてクルーズの料金も高くなっていきます。

別の記事で客室の詳細やクルーズ旅行で実際に掛かった費用のことも書いています。

関連記事>>【クルーズの客室を知る】内側からスイートまで4種類の客室についてをざっくり解説!

関連記事>>クルーズ旅行っていくらかかるの?過去のクルーズで実際にかかった費用を公開!

クルーズ会社×客室の組み合わせが旅行費用を左右する最も重要な項目で、費用だけで見るなら、

  • カジュアル船×内側客室=もっとも安い(1泊1万円~)
  • ラグジュアリー船×スイート客室=もっとも高い(1泊10万~)

と、言うことができます。(カジュアル船の海側とラグジュアリー船の内側だとどっちが安い?などと言い出すと単純な比較はできないのでここでは割愛します)

クルーズ選びのポイントまとめ

「旅行の時期」「目的地」「クルーズ会社」「客室」

これらの観点で見ていくとかなりクルーズを絞ることができます。

  • 旅行の時期=8月に1週間くらい
  • 目的地=今回は日本発着

例えば上記のように決めた上で、予算と相談しながら、

  • にっぽん丸の3日間のコースにしよう
  • 7泊8日のMSCベリッシマの海側客室にしよう

と考えていくイメージですね。

クルーズ相談は旅行代理店にするのがおすすめ

具体的に候補を絞ったら予約の相談をしてみましょう。

クルーズの相談はクルーズ旅行を専門に扱っている旅行代理店に聞いてみるのがおすすめです。

クマゴロ
クマゴロ
リモートでの相談会をやっている代理店もあります。ホームページ見るだけでも参考になると思います^^

クルーズの予約については別の記事でも解説しています。

関連記事>>【クルーズの予約】予約方法は旅行代理店or公式サイトの2択!それぞれの特徴をざっくり解説!

関連記事>>【クルーズを安くお得に!】クルーズの早期予約とキャンペーン活用のススメ!

日本発着クルーズの特徴

次に、日本発着クルーズの特徴について書いていきます。

日本発着クルーズは日本船、外国船の2種類あり、、それぞれの大まかな特徴についてざっくり解説します。

今は各社、新型コロナの影響で運航予定が流動的(中止や延期等)になっています。最新情報は各社のホームページをご覧ください。

日本船クルーズの場合

まず日本船として挙げられるのは、

  • 飛鳥Ⅱ
  • にっぽん丸
  • ぱしふぃっくびいなす

この3つの船です。

優雅さ&豪華さの「飛鳥Ⅱ」、美食の船「にっぽん丸」、日本船の中ではカジュアルさを追求する「ぱしふぃっくびいなす」、同じ日本船でもそれぞれコンセプトがちょっとずつ違ったりします。

日本船の特徴としては、

  • 食事の美味しさ
  • 行き届いたサービス
  • 外国語(英語)の心配がいらない
  • チップ等の追加支払いがいらない

といった点が挙げられます。

1人あたり1泊4万円~(目安)と、外国船に比べると正直お高いものの、そのサービスと食事等のクオリティを鑑みるとそんなもんなのかな?という印象です。

クマゴロ
クマゴロ
私自身はまだ乗ったことがなく、今は妻の乗船談(にっぽん丸)やインターネットの情報を参考に書いています

また、各社「ワンナイトクルーズ」と言って、1泊2日のお試しクルーズなんかもやっているので、「試しに乗ってみたい!」という方にはおすすめです。

外国船クルーズの特徴

次に外国船について。

  • コスタセレーナ(コスタクルーズ)
  • MSCベリッシマ(MSCクルーズ)
  • ノルウェージャンサン(ノルウェージャンクルーズ)
  • ダイヤモンドプリンセス(プリンセスクルーズ)
  • セレブリティソルスティス(セレブリティクルーズ)
  • クイーンエリザベス(キュナードライン)

これらのクルーズ船が日本発着クルーズを行っています。(運航予定含む)

外国船は日本船に比べて、

  • コスパが良い(カジュアル船だと1泊1万円~)
  • 大きな船が多い(船内の設備が充実)
  • 日本発着の場合は必ず外国に1か所寄港する※

という特徴があります。

※「カポタージュ規制」という規制により、外国のクルーズ船は1つの国(今回は日本)だけでクルーズを完結させてはいけないというルールがあります。外国船の日本発着クルーズだと、韓国、台湾あたりに寄港するケースが大半です。

外国船については、食事が日本船に比べて繊細さがやや劣る・大味、と言われることもありますが、我が家にとっては全く問題ないレベルでした。(確かに大味感は否めない時もありましたが、基本的に日本人含めた万人受けしやすい味付けになっていると感じます)

我が家はこれまでのクルーズは全て外国船で、上記と同じ船or同じクルーズ会社の船に乗ったこともあります。

あわせて読みたい

外国船(特にカジュアル船)は船内にプールやジム、レジャー施設なんかもあり、船の中でも沢山楽しめる&子供にもやさしい(料金無料のところもある)ので、お手頃&カジュアルさを求めるのであればぜひおすすめしたいですね。

まとめ

この記事では、

クルーズを選ぶ際に考える4つのポイント
(旅行の時期/目的地/クルーズ会社/客室)

について解説しました。

クルーズ会社や旅行代理店のホームページなども載せてあるので、クルーズ選びの参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

あわせて読みたい

クルーズ旅行の旅行記やお金のことなど、色々書いています。良ければご覧くださいませ。

この記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA