クルーズの客室を知る

クルーズ船の客室は内側からスイートまで4種類!それぞれの違いをざっくり解説!

クマゴロ(@kumagoromi123)です。

この記事ではクルーズ旅行における「客室」について書いています。

クルーズ船ってどのような客室があるの?
種類がたくさんあって違いが良く分からない

というクルーズ船の客室の種類やそれぞれ違いに関する疑問や悩みについて、ざっくりと説明していきます。

まず、結論としては以下の通りです。

クルーズ船の「客室」まとめ
  • 客室は大きく分けて4種類!
    「内側」「海側」「海側バルコニー」「スイート」
  • 料金は内側→スイートの順に高くなる!
    内側<海側<海側バルコニー<<<スイート
  • 初めてのクルーズであれば「海側バルコニー」推奨!
  • 内側は安いけど、中・上級者向け!

この記事を読んでいただければ、

  • クルーズ船にある4種類の客室とそれぞれの特徴

について理解を深めていただけます。

クルーズの客室は厳密に言えば4種類よりさらに細分化できたり、「全室スイート」のようなクルーズ会社もありますが、この記事では基本となる「内側」「海側」「海側バルコニー」「スイート」の大枠について書いていきます。

クルーズにおける4種類の客室

クルーズには大きく分けて4種類の客室タイプがあります。

  1. 内側
  2. 海側
  3. 海側バルコニー
  4. スイート

それぞれの特徴を表でざっとまとめると以下の通りです。

項目内側海側海側
バルコニー
スイート
料金安い内側×1.2内側×1.5内側×3以上
窓の有無×
バルコニー有無××
バスタブ有無×(シャワーのみ)×(シャワーのみ)×(シャワーのみ)
広さ15㎡前後15㎡前後20㎡前後30㎡以上
付加サービス×××
※料金や部屋の広さはクルーズ社やキャンペーンの有無等によって異なるため、目安として見ていただけると幸いです
  • 「海側」以上の客室に窓がつく
  • 「海側バルコニー」以上の客室にバルコニーがつく
  • 内側~海側バルコニーは部屋の大きさの差はあまりない
  • スイートは広さ、サービス含め別格

ではここから、それぞれの客室について個別に説明していきます。

クルーズ船の客室①「内側客室」

「内側」の名の通り、船の内側に位置している客室です。

クルーズ船の内側に配置されているので、「窓が無い」のが特徴の1つです。

窓が無い代わり、内側客室は全客室の中で最もリーズナブルな客室になります。

クルーズ旅行のパンフレットを見ると、

「地中海クルーズ11日間 98,000円~498,000円!!」

のような記載を見たことがある方もいらっしゃるかもしれません。

パンフレットに載っている、金額の安いほうor〇〇円~となっているのは基本的に「内側客室の料金」です。

f:id:kumagoromi:20161105173419j:plain

我が家は「地中海クルーズ」と「日本発着クルーズ」の時に内側客室を利用しました。

内側客室はその安さが最大の特徴ですが、窓がないため、太陽の光を感じることができないのが弱点の客室です。

  • とにかく安い!
  • 外の景色や太陽の光を感じられない
    →朝か夜か判断しにくくなる
  • 食事やイベント等のサービスは他と同じなので、
    窓無しが割り切られるならコスパは最強

クルーズ船の客室②「海側客室」

「海側客室」以上の客室は基本的に船の外側に位置しています

海側客室の部屋には小さな窓が付いています

ベトナムクルーズで利用した海側客室

 

コスタネオロマンチカで利用した海側客室

 

窓があるので、外の景色を眺めたり、朝日を感じながら目覚める、なんてこともできます。

窓が付いて外の景色が見えるようになる分、料金が少し高くなります。ケースバイケースですが、「内側客室に比べて1~2割増し」くらいに見ておけば良いと思います。

我が家は「ベトナムクルーズ」と「日本発着クルーズ」の時に海側客室を利用しました。

窓が無いのはつらい…でも海側バルコニーは予算的にちょっと…

という場合は海側客室がおすすめです。

クルーズ船の客室③「海側バルコニー」

船の外側に位置している点は海側客室と同じです。

窓のみではなく、「バルコニー(ベランダ)が付いている」のが海側バルコニーの特徴です。

セレブリティソルスティスで利用した海側バルコニー(アクアクラス)

 

プライドオブアメリカで利用した海側バルコニー
f:id:kumagoromi:20161024032501j:plainオアシスオブザシーズで利用した海側バルコニー

外の景色を楽しむことができるのはもちろんのこと、

  • バルコニーに出て風を感じる
  • バルコニーから景色を五感で感じる
  • バルコニーで朝食をとる

といった楽しみ方もできます。

あとは、バルコニーから見える景色を写真に撮りやすい、というのもメリットの一つですね。

内側や海側だとそもそも写真が撮れない、窓を介してじゃないと外の写真が撮れないので、

我が家は「カリブ海クルーズ」と「南太平洋クルーズ」、「ハワイクルーズ」の時に海側バルコニーを利用しました。

料金は、「内側客室に比べて5割増し(約1.5倍)」くらい上がりますが、お金を出す価値は十分あると思います。

予算が許せばぜひおすすめしたい客室ですね^^

クルーズ船の客室④「スイート」

誰もが一度は泊まってみたい部屋、それが「スイート客室」です。

スイートはバルコニーも付いているので、一言で片づけると「海側バルコニーの仲間」にはなりますが、上で述べてきた一般客室(内側/海側/海側バルコニー)と比べるとハード面・ソフト面ともに別格の位置づけの客室です。

一般客室との違い1:部屋の広さ

スイート客室は他の部屋と比べて、断然広いです。

我が家が初めて乗ったクルーズ船「オアシスオブザシーズ」の例で見ると、

一般客室の部屋の広さ
  • スタンダード内側:13.0㎡
  • スタンダード海側:16.1㎡
  • スーペリアバルコニー:16.9㎡+4.9㎡

これに対し、スイート客室は

スイート客室の部屋の広さ
  • ジュニアスイート:26.6㎡+7.4㎡
  • オーナーズスイート:51.6㎡+22.5㎡
  • スターロフトスイート:67.0㎡+38.0㎡
  • グランドパノラマスイート:84.9㎡+14.9㎡
  • ロイヤルロフトスイート:148.5㎡+81.1㎡

※客室の広さはOasis of the Seas(オアシス・オブ・ザ・シーズ)の情報|ロイヤル・カリビアン・クルーズ日本語公式サイト (royalcaribbean.jp)より引用

広さの桁が違うのがお分かりいただけると思います。
(下手すると自分の家より広い部屋もあるという・・・^^;)

一般客室との違い2:バスタブの有無

日本では住宅・ホテル等でおなじみの「バスタブ」

実はクルーズ船の一般客室にはバスタブがなく、シャワーブースのみ、というのが大半です。

上の写真の右側がシャワーブースです。

スイート客室には大抵の場合、バスタブも備わっているので、お湯を入れてお風呂に入りたい!という方はスイート客室を選ぶ必要が出てきます。(中には一般客室でもバスタブありの客室を持つクルーズ会社もあります)

一般客室との違い3:付加サービスがある

ハード面の違いに加えて、スイート客室はサービス面でも一般客室と比べて大きな違いがあります。

スイート客室の中でもさらに上下があり、一概にスイートは全部こう、とは言えませんが、一般的に、

  • 優先チェックイン/優先下船
  • テンダーボートの優先搭乗
  • アルコール含めたドリンク無料
  • 船内WiFi無料
  • スペシャリティレストラン無料
  • 客室内のミニバー無料
  • スイート専用レストラン
  • スイート専用ラウンジ
  • スイート専用プール
  • 船内イベントの特別招待/優先席確保
  • バトラーサービス
  • アメニティのグレードアップ
  • シャンパン、ワイン等のサービス

このような至れり尽くせりな付加サービスが付いているのもスイート客室の特徴です。

一般客室との違い4:付加価値がある分、お値段も高い

スイート客室は至れり尽くせりな分、お値段ももちろん高くなります。

スイート客室で一番手頃な「ジュニアスイート」でも内側料金の3倍くらいしたり、7泊8日のクルーズで1人100万円を超えるスイートもあったりします。

我が家はスイート客室には挑戦したことは今のところ1度もありません。

1度はチャレンジしてみたいものです。(遠い目)

まとめ

この記事では、「内側」「海側」「海側バルコニー」「スイート」の4種類の客室タイプについて説明しました。

まとめとしては以下の通りです。

クルーズの4つの客室まとめ
  • 客室は大きく分けて「内側」「海側」「海側バルコニー」「スイート」の4種類
  • 料金は内側→スイートの順に高くなる!
    内側<海側<海側バルコニー<<<スイート
  • スイート以外は一般客室、スイートは別格!
  • 初めてのクルーズであれば「海側バルコニー」推奨!
  • 内側は安いけど、中・上級者向け!
    (窓無しが問題ないならコスパ最強)

皆さまの参考になれば幸いです。

あわせて読みたい

クルーズ旅行の旅行記やお金のことなど、色々書いています。良ければご覧くださいませ。

この記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA