日本発着クルーズ

日本発着クルーズ旅行記⑥クルーズ3日目「釜山」観光(後編)【ダイヤモンドプリンセス】

当記事は2019年5月の旅行記です。

クマゴロ(@kumagoromi123)です。

ダイヤモンドプリンセスで行く日本発着クルーズ旅行記、この記事では、

  • 寄港地「釜山」での観光(後編)
  • 観光後のダイヤモンドプリンセスでの出来事

について書いています。

前回の記事はこちら>>日本発着クルーズ旅行記⑤クルーズ3日目「釜山」観光(前編)【ダイヤモンドプリンセス】

前回の記事が釜山観光の前編で、この記事が後半の記事となります。

 

クマゴロ
クマゴロ
「ダイヤモンドプリンセスの日本発着クルーズってこんな感じ!」というイメージが伝われば幸いです

その他のクルーズ旅行記も書いています。良ければご参照ください^^

【クルーズ旅行記】カリブ海・地中海・ハワイetc我が家のクルーズ旅行記まとめ!我が家のこれまでのクルーズ旅行(計7回)の旅行記をまとめています。海外クルーズ、日本発着クルーズとも書いています。行った方面→カリブ海、地中海、南太平洋、ベトナム、ハワイ周遊、日本発着×2回...

釜山観光【後編】ナンポドン(南浦洞)方面へ

ソミョン(西面)にある韓国版コストコ「Eマートトレイダース」での買い物を終え、今度は帰路のついでに「ロッテマート」に足を運んでみることにしました。

釜山周辺にはロッテ系列のお店が複数あり!

「ロッテ百貨店」は韓国では有名な百貨店ですが、この「ロッテ百貨店」以外に「ロッテマート」というスーパーもあります。

クルーズ船が停泊する付近で言えば、

  1. ロッテ百貨店 光復店 最寄駅:ナンポ(南浦)
  2. ロッテマート 光復店 最寄駅:ナンポ(南浦)
    →①に併設
  3. ロッテ百貨店 釜山店 最寄駅:ソミョン(西面)
    →ソミョン駅近辺
  4. ロッテキッズマート  最寄駅:ソミョン(西面)
    →Eマートトレイダースの近く

大きくこの4つがあり、ロッテ百貨店はいわゆるデパート、ロッテマートはスーパーマーケット(ショッピングモール)の位置づけになります。

クルーズターミナルに最も近いのは①ロッテ百貨店の光復店&②ロッテマート光復店です。(上の地図の「BusanStation」の右側の出っ張りの1つがダイヤモンドプリンセスの停泊位置です)

ロッテ百貨店の光復店は2018年のコスタネオロマンチカの際にも訪れました。

関連記事>>【旅行記】コスタネオロマンチカで行く日本発着クルーズ⑥~寄港地「釜山(プサン)」~

クマゴロ
クマゴロ
光復店は港やチャガルチ市場からも近く、便利な場所にあります^^

ロッテ百貨店光復店の最寄駅は「ナンポ(南浦)」。ソミョン(西面)駅からは電車1本で行けます。(釜山駅を通り過ぎて2駅目です)

【参考】釜山地下鉄路線図
busan_jp (konest.com)

釜山観光【後編】ロッテマート光復店での買い物

ロッテマートはロッテ百貨店に併設!(お土産探しに最適)

ロッテマート光復店はロッテ百貨店に併設されているスーパーマーケットで、食料品を中心にお土産になりそうなものは一通り売られています。

今回は自家用に韓国のりやお菓子類を仕入れました。

ロッテマートの商品

店員さんが「おすすめはコレ!」と流ちょうな日本語で色々勧めてくれましたが、正直そこまでこだわりはなかった&違いがよく分からなかったので良さそうなものを適当にチョイスして買いました^^;

クマゴロ
クマゴロ
上の写真に載っている韓国のりはド定番だそうです

子育てグッズも充実!

ロッテマートの別フロアには子育てグッズも売られており、品揃え豊富でした。

子育て用品①
子育て用品②

ハングル文字は読めないのでさすがに細かいところは分かりませんが、商品に書いてある絵で大よその内容は掴めました。パッケージデザインに感謝。

試しにいくつか買って子供に食べさせてみましたが、日本のお菓子やお茶と同じように食べてくれました^^

釜山観光【後編】ダイヤモンドプリンセスへ

シャトルバスを使う場合は行きと同じ場所に行けばOK!

Eマートトレイダースやロッテマートでの買い物を終え、帰路へ。

シャトルバス(無料)を利用する場合は、最初に降りた場所と同じ所に向かえばOKです。

ロッテマート光復店からバス乗り場(釜山駅)は歩いて行くには少し距離がある(2駅くらい)ので、電車で「ナンポ(南浦)」→「釜山」へと移動することにしました。

シャトルバスは20時発の便が満員で乗れず、20時半の最終便に乗って港へと戻りました。

シャトルバスの乗り場(釜山駅)
港周辺

バスは10分ほどで港に到着。

港には「タックスリファンド」ができる場所もありました。

港の灯かりに照らされるダイヤモンドプリンセス

ダイヤモンドプリンセスの船内にて

メインダイニングで夕食

船に戻った後は早々にメインダイニングへ。この日もしっかり4品コースを頂きました。

メインダイニングの夕食

メインダイニングやビュッフェレストランでの食事代はクルーズ料金に含まれているので、毎回食事代を気にしなくて済むのもクルーズの良いところですね。(アルコールなど一部の飲料は有料です)

船内のコインランドリーに挑戦!

ダイヤモンドプリンセスにはコインランドリーが設置されていました。

過去に乗船したクルーズ船にはコインランドリーはなく(ランドリーサービスのみ)、必要都度手洗いしていたのですが、このような設備が使えると手間が省けて楽ですね。

ランドリールームの室内

コインランドリー利用の流れは以下の通りです。

  1. 洗濯機と洗剤のトークンを買う
  2. トークンを使って洗剤を購入する
  3. 洗濯機に洗濯物と洗剤を入れる
  4. 蓋を閉めてトークンを入れてボタンを押す

①のトークンは「TOKENS」と書かれた機会が壁にあるので、画面上部にクルーズカードをスキャンし、必要なボタンを押せば出てきます。(料金はクルーズカードに課金されます)

トークンの販売機

②の洗剤購入が少々クセがあります。

洗剤の販売機はトークン販売機の左側にあって、銀色部分にトークンを入れ、手前側の出っ張りをぐっと押し込むとトークンが中に入り、トークンを入れた場所に一致する商品が出てくる仕組みになっています。

動画で残しておけば良かったですね。。まぁ難しくはないので適当に触ってたらいけると思います^^;
トークンを買う機会(左)と洗剤の販売機(右)
利用の流れや注意書き

あとは日本のコインランドリーと同じような流れで、洗濯物と洗剤を入れる→ふたを閉める→トークンを入れる→コースを選ぶ、でOKです。

コースは何種類かありますがひとまず「WHITE」を選んでおけば問題ないと思います。

案内上は35分程度と書かれてましたが、実際は50分くらいかかってました

クマゴロ
クマゴロ
洗濯終了後はアナウンスがあるわけではないので、30分~1時間くらい経ったら見に行きましょう

ダイヤモンドプリンセスのみで楽しめる大浴場「泉の湯」

ダイヤモンドプリンセスには「泉の湯」という大浴場もあります。

泉の湯はプリンセスクルーズのクルーズ船の中で唯一、ダイヤモンドプリンセスにのみ設置されているようです。

日本人にとっては嬉しい施設ですね。
今回は私は利用しませんでしたが、妻が代わりに楽しんでました。

泉の湯は残念ながら有料(確か1回10~15USDくらい)ですが、回数券やフリーパスなどもあるようなので、試しに1回利用してみて、良ければそちらを買うというスタイルでも良いと思います。

泉の湯のエントランス
泉の湯のタオル類
泉の湯の屋外エリア(営業終了後の夜間に撮影)
泉の湯の屋外エリア(日中に撮影)
屋外エリアは男女共同利用のエリアのため、水着必須です

私も次ダイヤモンドプリンセスを利用する際はぜひ利用してみたいと思います。

おわりに

釜山観光はEマートトレイダースにロッテマートと買い物しっぱなしの1日でした。

今回は行きませんでしたが釜山は「チャガルチ市場」という市場も有名(ロッテ百貨店の近く)なので、買い物以外にも市場で海鮮を楽しむ、なんてこともできます。

30分も電車に乗れば結構な範囲に行けるので、ロッテ百貨店、釜山駅、釜山タワーあたりを基点にして周辺散策してみるのも面白いと思います^^

今回のクルーズは釜山が最初で最後の寄港地となります。釜山出港後は丸1日の終日航海日を経て到着地である神戸へと向かっていきます。

次回の記事では神戸へ向かう終日航海日の出来事について書いていきます。

次の記事を見る>>日本発着クルーズ旅行記⑦クルーズ4日目、終日航海日【ダイヤモンドプリンセス】

最後までお読みいただきありがとうございました。

あわせて読みたい

クルーズ旅行の旅行記やお金のこと、クルーズ船のこと、クルーズの選び方など、色々書いています。良ければご覧くださいませ。

この記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA