ハワイクルーズ

ハワイクルーズ旅行記⑦ハワイ島「ヒロ」寄港【プライドオブアメリカ】

当記事は2019年3月の旅行記です。

クマゴロ(@kumagoromi123)です。

プライドオブアメリカで行くハワイクルーズ旅行記、この記事では、

  • ヒロ(ハワイ島)の概要
  • ヒロでの観光
  • プライドオブアメリカの船内の様子(食事など)

について書いています。

前回の記事はこちら>>ハワイクルーズ旅行記⑥マウイ島「カフルイ」寄港2日目【プライドオブアメリカ】

 

クマゴロ
クマゴロ
「ハワイクルーズってこんな感じ!」というイメージが伝われば幸いです

その他のクルーズ旅行記も書いています。良ければご参照ください^^

【クルーズ旅行記】カリブ海・地中海・ハワイetc我が家のクルーズ旅行記まとめ!我が家のこれまでのクルーズ旅行(計7回)の旅行記をまとめています。海外クルーズ、日本発着クルーズとも書いています。行った方面→カリブ海、地中海、南太平洋、ベトナム、ハワイ周遊、日本発着×2回...

ハワイ島「ヒロ」の概要

ハワイクルーズ4日目はハワイ島の「ヒロ」に寄港しました。

1泊2日停泊したマウイ島「カフルイ」に続く2つ目の寄港地です。

「ヒロ」はハワイ島東部の都市

「ヒロ」はハワイ島の東部に位置しています。

ヒロ (英: Hilo) は、アメリカ合衆国ハワイ州ハワイ島の東海岸の都市で、同島最大の町である。2000年現在の国勢調査によると総人口40,759人である。ヒロはまたハワイ郡(ハワイ島)を伝統的なモクにより6地区(District)に分けた時の名称「ヒロ地区」でもあり、最近は「北ヒロ地区」と「南ヒロ地区」に分かれている。ヒロはハワイ郡の郡庁所在地であり、東海岸の南ヒロ地区に位置している。ヒロはホノルルに次ぐハワイ諸島第二の港湾都市であり、ハワイ島西海岸のコナと共にリゾート地としても知られている。
出典:ヒロ (ハワイ州) – Wikipedia

クマゴロ
クマゴロ
ハワイ島は「キラウェア火山」や「マウナロア山」などの活火山がある場所としても有名です

ヒロではプライドオブアメリカは「ヒロ港」に入港しました。

「ヒロ」の観光案内(日本人コーディネーターより)

日本人コーディネーターさんの計らいで、船内新聞と一緒にヒロの日本語版の観光案内(地図やシャトルバスの案内など)の用紙をもらうことができました。

クマゴロ
クマゴロ
ヒロに限らず各寄港地で地図や観光案内の紙を配布してくれました
日本人コーディネーターさん経由でもらった日本語の案内

ハワイ島「ヒロ」の観光ダイジェスト

メインダイニング「スカイライン」にて朝食

この日の朝食はビュッフェレストランではなく、DECK5にあるメインダイニング「スカイライン」で食べました。

メインダイニングは通常、夕食のみの営業ですが、この日のように朝食や昼食の時間帯に営業している日もあります。

クマゴロ
クマゴロ
アロハカフェと似たようなメニューも多いですが、小ぎれいに盛り付けて出してくれます
メインダイニングでの朝食
朝食のメニュー(英語)
朝食時のメインダイニングの風景
メインダイニングには子供用のイスもありました

ヒロはギャングウェイ(下船口)から直接、下船OK!

ギャングウェイ(下船口)はDECK3の左舷側。

カフルイ(マウイ島)と同じように、ギャングウェイに向かえばそのまま船を降りることができます。

クルーズカードとパスポートは忘れずに!
ヒロのターミナル構内
ギャングウェイから1枚、この日はあいにくの雨でした

港からはウォルマート行きの無料シャトルバスあり!

ターミナルを出るとすぐ近くに、下の写真のような大型バスが停まっています。

ウォルマート行きのシャトルバス(無料)

このバスに乗ると近くのウォルマートまで連れて行ってくれます

シャトルバスは無料で、停まっているバスに直接乗れば大丈夫です。

(我が家は行きませんでしたが)コーディネーターさんからもらった観光案内を見るに、タクシーで10分~15分移動すれば、

  • ヒロのダウンタウン
  • ワイロア州立公園(カメハメハ大王の像)
  • 「ビックアイランドキャンディー」の本店

なんかも行けるみたいです。
(徒歩だとそれぞれ30分~1時間は見たほうが良いとのことでした)

ビッグアイランドキャンディのHP→Big Island Candies | Nihongo

ウォルマートで買い物

ウォルマート行きのシャトルバスに乗って15分ほどでウォルマートに到着。

ウォルマートとワイアケアセンター

ウォルマートの近くには「ワイアケア・センター・パビリオン」という名のショッピングモールも併設されていました。

ウォルマートの店内(食品①)
ウォルマートの店内(食品②)
ウォルマートの店内(ベビー用品①)
ウォルマートの店内(ベビー用品②)

ウォルマートにはライオンコーヒーにマカダミアナッツのお菓子、クッキーやポテトチップスなどの日常のお菓子類、などなど、お土産選びに困ってしまうほどの品揃えでした。

ベビー用品も充実していて、日本でよく見る「ハイハイン」「野菜のおせんべい」的なお菓子なども売られていました。(“的なやつ”であってそのものが売ってたわけじゃありません^^;)

クマゴロ
クマゴロ
無料シャトルバスで来れる&品揃え豊富なので、お土産選びに迷ったらとりあえずウォルマート行けば間違いないと思います

帰りはウォルマートの敷地内にいるバスに乗ればOK

ウォルマートに来る際に乗ったシャトルバスは港⇔ウォルマートを往復しているので、港に戻る場合は敷地内にいる同じバスに乗ればそのまま港へ向かってくれます。

無料シャトルバス

プライドオブアメリカの船内にて

ビュッフェレストラン「アロハカフェ」で昼食

アロハカフェの昼食
お昼のアロハカフェ(アイスクリームマシンもありました)

パスタにピザ、オニオンリング…デブ活が止まらない毎日です^^;

「ジョン・アダムス・コーヒーバー」でティーフォルテ堪能

この日はいつも船内で素通りするだけだった「ジョン・アダムス・コーヒーバー」に行ってみました。

ジョン・アダムス・コーヒーバー(写真は深夜に撮影)

ここは船内にあるバーの1つで、お酒だけでなく、有料のコーヒーや紅茶を楽しむことができる場所です。

クマゴロ
クマゴロ
今回はドリンクパッケージ付きだったので、ここでの飲み物も飲み放題でした^^
ティーフォルテはそのパックが特徴的です

セレブリティソルスティスの南太平洋クルーズで飲みまくっていた「ティーフォルテ」がプライドオブアメリカにもありました。

関連記事>>【旅行記】セレブリティソルスティスで行く南太平洋クルーズ⑤〜乗船4日目:パインズ島〜

ティーフォルテ

ホットで注文するとポットサービスでの提供でした。(2杯~3杯弱くらいの量です)

プライドオブアメリカの船内散策

ティーフォルテを満喫した後は、少し部屋で休憩。

一休みした後、散歩ついでに船内を散策しました。

プライドオブアメリカの屋外エリア①
プライドオブアメリカの屋外エリア②
プライドオブアメリカの船内にあるジム
プライドオブアメリカの船内にある劇場

屋外エリアにはプールにビーチチェアだけでなく、バスケットボールコートなんかもあります。屋内に目を向けると一通りの器具が揃ったジムや数百人は軽く収容できる劇場もあります。

クマゴロ
クマゴロ
劇場では毎晩何かしらのショーやイベントが行われています
客室エリアの廊下(床の魚は大勢が進んでいるほうが船首、赤い魚が向ているほうが船尾だそうです)

スペシャリティレストラン「ビストロ」で夕食

夕食はスペシャリティレストラン「ビストロ」にて頂きました。

今回はクルーズの早期予約特典で「ドリンクパッケージ」や「3回分のスペシャリティレストラン利用」が付いていたので、この日から3夜連続でスペシャリティレストランを楽しむことにしました。

クマゴロ
クマゴロ
スペシャリティレストランは通常、1回の利用で1人あたり30~50USDのチャージがかかることが多いです
ビストロの食事①
ビストロの食事②

オニオングラタンスープ、ガーリックシュリンプ、ステーキ、クリームブリュレ…どれも大変美味しかったです。

スペシャリティレストランではビュッフェレストランやメインダイニングのメニューとはひと味、ふた味違った食事を楽しむことができるので、クルーズ船に乗った際は一度チャレンジしてみるのがおすすめです^^

おわりに

ハワイクルーズ4日目、ハワイ島「ヒロ」での観光(ウォルマートでの買い物)や船内施設、食事について書きました。

  • 午前:自由に周辺散策
  • 午後:船内でゆっくり

は身体も楽で良いですね。(子どもが小さくてがっつり動きにくいのもありますが、、、)

ヒロの次は同じくハワイ島の「コナ」に寄港します。

次の記事はこちら>>ハワイクルーズ旅行記⑧ハワイ島「コナ」寄港【プライドオブアメリカ】

最後までお読みいただきありがとうございました。

あわせて読みたい

クルーズ旅行の旅行記やお金のこと、クルーズ船のこと、クルーズの選び方など、色々書いています。良ければご覧くださいませ。

この記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA