ハワイクルーズ

ハワイクルーズ旅行記④プライドオブアメリカの客室とクルーズ1日目【プライドオブアメリカ】

当記事は2019年3月の旅行記です。

クマゴロ(@kumagoromi123)です。

プライドオブアメリカで行くハワイクルーズ旅行記、この記事では、

  • プライドオブアメリカの客室(今回泊まった部屋)
  • 日本人コーディネーターによる日本語対応
  • クルーズ1日目の様子

について書いています。

前回の記事はこちら>>ハワイクルーズ旅行記③プライドオブアメリカの乗船手続き【プライドオブアメリカ】

 

クマゴロ
クマゴロ
「ハワイクルーズってこんな感じ!」というイメージが伝われば幸いです

その他のクルーズ旅行記も書いています。良ければご参照ください^^

【クルーズ旅行記】カリブ海・地中海・ハワイetc我が家のクルーズ旅行記まとめ!我が家のこれまでのクルーズ旅行(計7回)の旅行記をまとめています。海外クルーズ、日本発着クルーズとも書いています。行った方面→カリブ海、地中海、南太平洋、ベトナム、ハワイ周遊、日本発着×2回...

プライドオブアメリカの客室

チェックインも終わり、プライドオブアメリカの船内へ。

まずは今回利用した「海側バルコニー」客室について書きます。

「海側バルコニー」客室について

クルーズカードがルームキーも兼ねています

客室へはチェックイン時に受け取ったクルーズカードをルームキーにして入ります。

今回の客室は「海側バルコニー」

客室入ってすぐにクローゼットと水回りのエリア→部屋の中央にベッド(ダブル/ツイン変更可)→ソファとテーブル→一番奥にバルコニーというレイアウトになっています。

海側バルコニー客室①部屋の全体

ベッドの上にはビーチタオルも置いてありました。

海側バルコニー客室②デスクには無料の水がありました(棚の上のものは有料)

机の上にはペットボトルの水(無料)や船内の案内、ドライヤー、テレビなどが置かれています。テレビの下の棚の中は冷蔵庫&収納スペースになっています。

海側バルコニー客室③収納スペースと水回り(バスタブはありません)

クローゼットにはバスローブもあります。

ハンガーやスペースとも十分な数・広さがあります。我が家はクルーズ旅行の際は乗船初日に荷ほどき(各収納スペースに服や下着などを配置)をして、スーツケースはベッドの下に格納しています。

クマゴロ
クマゴロ
一度荷ほどきすれば下船までいちいちスーツケースを開け閉めせずに済むのでほんと楽です

荷物の管理が楽だよ~という話は「クルーズ旅行の6つメリットと5つのデメリットを解説!」の記事の中でも触れています。

預けた荷物は乗船後~出港するまでに客室の前に届けられますが、出港間近になっても届かない場合はゲストサービス(フロント)に問い合わせましょう
バルコニーからの眺め

バルコニーからは外の景色を一望できます。

こうやって外の空気を感じながら景色を楽しむことができるのはバルコニー付きの客室ならではの醍醐味ですね。

関連記事>>【クルーズの客室を知る】内側からスイートまで4種類の客室についてをざっくり解説!

リピーター特典の案内(ブロンズ会員)

机をよく見てみると、スパークリングワインと紙切れが一枚添えてありました。

今回のノルウェージャンクルーズは2回目の利用(1回目は地中海クルーズ)だったこともあり、リピーター用の案内が入っていました。(ノルウェージャンクルーズのリピーター制度は「LATITUDES Rewards(ラティチュードリワード)」と言います)

我が家のランクは「ブロンズ会員」。もちろん制度の中では一番下のランクです^^;

正直なところ、ブロンズ会員やゴールド会員くらいでは「お!」と思えるような特典は無いようにも思いますが、何もないよりは嬉しいのは間違いないですね。

日本人コーディネーターによる日本語対応

客室内に置いてある案内を見てみると、日本語のものも含まれていました。

日本人コーディネーターによる日本語の案内用紙①
日本人コーディネーターによる日本語の案内用紙②
日本人コーディネーターによる日本語の案内用紙③
日本人コーディネーターによる日本語の案内用紙④

中身を見てみると、

  • ハワイ周遊クルーズの日程
  • レストラン(有料/無料)の紹介
  • プライドオブアメリカの船内情報(設備やサービスなど)
  • 客室内の細かな案内(電源プラグ、内線など)
  • 寄港地観光(ショアエクスカーション)の日本語版の案内
  • WiFiやドリンクパッケージ等の案内

など、クルーズ旅行で必要なありとあらゆる情報が日本語化されていました。

日本人コーディネーターの方が乗船している船では上記のように船内の様々な情報を日本人向けにアレンジ・翻訳した状態で情報提供してくれます。

クマゴロ
クマゴロ
追加料金がかかるわけでもないので、このサービスは本当にありがたかったです

日本人コーディネーターについては別の記事「海外クルーズの心強い味方!日本人コーディネーターについて【英語が苦手でも大丈夫!】」でも解説しています。

クルーズ1日目の出来事(避難訓練と食事など)

避難訓練に参加!※乗客全員の参加必須

客室で一休みした後は「避難訓練」に参加しました。

船内新聞などに「何時にどこに集合」という情報が乗っているので、時間になったら指定の場所に向かいます。(我が家はDECK6の「キャデラックダイナー」が集合場所になっていました)

会場では、

  • 緊急時のサイレンを聞く
  • ライフジャケットの着用方法を聞く

などを行います。(避難訓練の様子は撮影禁止のため写真は無し)

クマゴロ
クマゴロ
避難訓練は法令で乗客の参加が必須になっているので忘れずに参加しましょう
キャデラックダイナー(写真は出港後の深夜に撮影)

クルーズ初日の夕食まで一休み!のはずが、、、

避難訓練後、ようやく一息つける状態になったのもつかの間、妻はハワイ移動と飛行機内での子守りによる寝不足&疲れで早々にダウン…zzZ

私もその間に子どもの世話や寝かしつけを経て一緒にダウン…zzZ

2人(+子)とも爆睡してプライドオブアメリカの出港の瞬間を逃すという失態w

 

目覚めた時には既に最初の寄港地であるマウイ島に向かう道中(夜中)でした。。。

子どもが用を足し、あたふたしながらようやく船内で見つけたおむつ台(おむつ台のあるトイレは意外と少ないです)

 

クマゴロ
クマゴロ
ハワイ到着後、そのまま乗船するのはしんどいことが良く分かりましたw

気を取り直してキャデラックダイナーで夜食

夜中に目覚め、「ちょっとお腹すいたよね~」ということで向かったのはDECK6の「キャデラックダイナー」

出港前の避難訓練で会場となっていた場所、実はここ24時間営業のレストランなんです。(避難訓練中はさすがに食事はできません)

キャデラックダイナーでは主に、

  • ハンバーガー
  • フィッシュアンドチップス
  • ホットドッグ

といったファーストフード系の食事を楽しむことができるレストランです。

キャデラックダイナーのメニュー(英語)

 

ハンバーガー、フィッシュアンドチップス、バッファローウィング

ハンバーガーやフィッシュアンドチップスを試しに注文。

クマゴロ
クマゴロ
ハンバーガーはふっくらジューシー、フィッシュアンドチップスはサクサク&ほくほくでとても美味しかったです

深夜はほとんどのお店が閉まっているので、こういった24時間営業のレストランがあるのはありがたかったです。(最終日に気づきましたが、日本語のメニューも言えば出してくれます!)

おわりに

この記事ではプライドオブアメリカで今回利用した海側バルコニーの客室と乗船1日目の出来事について書きました。

乗船1日目、出港する瞬間やメインダイニングでの食事などのタイミングを寝過ごしにより逃すという失態をおかしてしまいました^^;

クマゴロ
クマゴロ
次からはホノルルで1泊するなどして疲れをとって乗りたいですね^^;

プライドオブアメリカの乗船手続きや1日目の様子についてはこれでおしまいです。次回の記事では乗船2日目、カフルイ(マウイ島)寄港について書いていきます。

次の記事を見る>>ハワイクルーズ旅行記⑤マウイ島「カフルイ」寄港1日目【プライドオブアメリカ】

最後までお読みいただきありがとうございました。

あわせて読みたい

クルーズ旅行の旅行記やお金のこと、クルーズ船のこと、クルーズの選び方など、色々書いています。良ければご覧くださいませ。

この記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA