クマゴロ家のクルーズ体験記

クルーズ旅行のことを色々書いてます。密かにクレジットカード、マイル(陸マイラー)のことも勉強中。

【旅行記まとめ】我が家のクルーズ旅行の軌跡

どうも、クマゴロです。

 

我が家が今までに行ったクルーズ旅行の旅行記をこの記事に集約してみました。(実際はずっと前に作った記事を大幅改変)

 

方面別にまとめページを作るか、この形にするか迷いましたがとりあえず全部載っけてアクセス状況など見ながら改善していけば良いかなと思い、一旦作ってみました!(一部記事は現在執筆中)

 

 

第1弾:西カリブ海クルーズ(オアシスオブザシーズ)

f:id:kumagoromi:20170903235348j:plain

記念すべき第1回のクルーズ旅行は「オアシスオブザシーズで巡る西カリブ海クルーズ」

こちらは2015年12月、新婚旅行で行ってきました。

ロイヤルカリビアンインターナショナルが誇る世界最大級(22万トン!!)の客船オアシスオブザシーズとクルーズ旅行ではおなじみ?のカリブ海、今思うと黄金の組み合わせだったように思います。

このクルーズですっかりクルーズ旅行の魅力にとりつかれてまいました^^;

初めてのクルーズ旅行には是非お勧めしたい航路です。

1)出発編

関西からフォートローダーデール(アメリカ、フロリダ州)までの移動と前泊のことについて書いてます。

 

2)乗船1日目:乗船、出港

オアシスオブザシーズの乗船手続きや船内や客室の様子などを書いてます。

 

3)乗船2日目:終日航海日

乗船2日目は終日航海日。1日の出来事以外に船内新聞のことやドレスコードのことについても軽く触れてます。

初のクルーズと言うことで、そこそこ夕食時の服装にも気合い入れたもののカジュアル船ということもありそこまで気を張る必要はありませんでした。。。

 

4)乗船3日目:ラバディ寄港

クルーズ旅行初の寄港地、ラバディ。ハイチにあるこの島はロイヤルカリビアンインターナショナルが保有するプライベートアイランドです。

世界最大級のジップライン「Dragon's Breath Flight Line」は圧巻です!

 

5)乗船4日目:ファルマス寄港

ラバディの次はジャマイカの「ファルマス」に寄港。

「ダンズリバーの川上り」はラバディのジップラインと並んで西カリブ海クルーズのおすすめアクティビティです。

防水機能付きのカメラを持っていなかったため写真を撮れなかったのが悔やまれます…

 

6)乗船5日目:終日航海日

改めて見てみると食事のことしか書いてませんでした笑。

終日航海日はのんびり過ごすに限ります。

 

7)乗船6日目:コズメル寄港

西カリブ海クルーズ最後の寄港地はメキシコの「コズメル」

ここでは初のシュノーケリングに挑戦。(呼吸の仕方が分からず、苦しかったです…)

コズメルでは他のクルーズ客船も何隻か停泊してました。

 

8)乗船7日目:終日航海日

西カリブ海クルーズ最後の終日航海日は洋上のスタバ(!!)やスペシャリティレストラン(有料レストラン)に挑戦。下船準備のことも書いてます。

 

9)下船と帰国

楽しかった西カリブ海クルーズもあっという間におしまい。

下船時の流れやスーツケース受け取り時の戦いや後泊のことについて書いてます。

 

第2弾:西地中海クルーズ(ノルウェージャンエピック)

f:id:kumagoromi:20170903235416j:plain

クマゴロ家のクルーズ旅行第2弾は「ノルウェージャンエピックで巡る西地中海クルーズ」

 

この時、既に第3弾となるセレブリティソルスティスの予約が完了していたにも関わらず、クルーズ旅行に行きたい熱が冷めず、妻にペコリm(__)mしつつ半ば強引に行ったのがこのクルーズです。

たまたま会社でリフレッシュ休暇がもらえたこともあり、それを利用して2016年9月(シルバーウィーク)に行ってまいりました。

 

地中海クルーズもクルーズ旅行の中ではカリブ海と同じくらい定番のコースです。地中海クルーズは(ヨーロッパという地形上)終日航海日の少ない航路が多いので、一度にたくさんの場所に寄港することができるのも特徴です。

このクルーズでは発着地のバルセロナを含めるとスペイン1ヵ所、イタリア3ヵ所、フランス2ヵ所、全部で6つの場所に寄港しました。

 

1)出発編

旅の概要と発着の地であるバルセロナまでの移動について書いてます。

途中、ウィーンでの乗り換えに気付かず危うく乗り過ごすところでした。中国国際航空で北京→バルセロナに行く方はご注意を・・・。

 

2)乗船1日目:乗船、出港

空港から港までの移動、乗船手続き、客室(内側)のことなど色々書いてます。

 

3)乗船2日目:終日航海日

西地中海クルーズでは終日航海日はこの1日しかありませんでした。

カジノで初のテーブルゲームに挑戦したり、ビンゴゲームに参加したり、まったとり過ごしました。

 

4)乗船3日目:ナポリ寄港

西地中海クルーズ初の寄港地はイタリアの「ナポリ」

ナポリでは寄港地観光を利用してカプリ島へ行きました。

島の頂上から見る景色は最高でした!

 

5)乗船4日目:チヴェタベッキア寄港

西地中海クルーズ2つ目の寄港地は「チヴェタベッキア」

あまり聞きなれない地名ですが、クルーズ旅行でイタリアに行く場合、必ずと言っていいくらいこの場所が寄港地または発着地になっていることが多いです。

寄港地観光を利用してローマにも行けます。(クマゴロ家はあえてローマには行かずチヴェタベッキア散策をしました。これはこれでアリでした)

 

6)乗船5日目:リボルノ寄港

西地中海クルーズ3つ目の寄港地は「リボルノ」。イタリア最後の寄港地です。

リボルノでは寄港地観光を利用して「ピサの斜塔」で有名なピサ、そしてフィレンツェの2ヵ所を観光しました。2ヵ所とも見応えがあって良かったです。

 

7)乗船6日目:カンヌ寄港

西地中海クルーズ最後の2日間はフランスに寄港しました。

フランス1つ目の寄港地は「カンヌ」。映画祭で有名な場所ですね。

しっかり映画祭の会場も拝むことができました。

 

8)乗船7日目:マルセイユ寄港

フランスでの2つ目の寄港地は「マルセイユ」

カンヌやマルセイユでは寄港地観光を利用せず、気の赴くままぶらぶらと市街地観光をしてました。下船準備のことも少し書いてます。

 

9)下船にバルセロナ観光、帰国

ノルウェージャンエピックの下船とその後のバルセロナ観光について書いてます。

サグラダファミリアを観るのが昔からの夢だったので、無事叶えられて良かったです。

 

第3弾:南太平洋クルーズ(セレブリティソルスティス)

f:id:kumagoromi:20170903235440j:plain

カリブ海クルーズのあとにクルーズの良さに触れ、地中海やカリブ海だけでなく世界各地に各船会社が船を出していることを知ったクマゴロ家。

 

ある理由で「ニューカレドニアに行きたい」という妻(私自身も)の想いがあり、色々探していた中で見つけたのがこの南太平洋クルーズです。

クマゴロ家初のプレミアム船となるセレブリティクルーズのセレブリティソルスティスで行ってきました。(時期は2017年3月)

 

終日航海日も多く、寄港地はビーチリゾートがメインだったこともあり、とにかくゆっくりできました。

 

1)旅の概要

このクルーズではアクアクラス(ざっくり言うと海側バルコニー以上スイート未満)での宿泊だったり、早期予約特典で「飲み放題パッケージ」「オンボードクレジット(船上で使えるお小遣い)が無料で付いていたりと、今までの旅行と違う点がいくつかありました。

旅の概要に加えてそのあたりについても書いてます。

 

2)出発編

関西からシドニーまでの移動(香港経由)について書いてます。

入国審査で別室送りになりかけたのも今では良い思い出です笑。(何もやってませんm(__)m)

 

3)乗船1日目:乗船、出港

空港から港までの移動、乗船手続きや客室のことなどについて書いてます。

 

4)乗船2、3日目:終日航海日

南太平洋クルーズでは行程の最初と最後に2日間ずつ終日航海日がありました。

食べて寝て船内をぶらぶらして、の繰り返しでした笑。

 

5)乗船4日目:パインズ島寄港

南太平洋クルーズ最初の寄港地はニューカレドニアを構成する島の1つ「パインズ島(≒イルデパン)」

ここの海は本当に綺麗でした!(他の寄港地と比べてもダントツでした)

写真下手な私の撮った写真でもその綺麗さは分かっていただけると思います笑。

 

6)乗船5日目:ミステリーアイランド寄港

南太平洋クルーズ2つ目の寄港地はバヌアツの「ミステリーアイランド」

パインズ島には負けますがこちらも海も綺麗でした。

スペシャリティレストランのことも少し書いてます。(とにかく食べ過ぎました)

 

7)乗船6日目:リフー島寄港

バヌアツを後にして再びニューカレドニアは「リフー島」へ。

他の2ヵ所と比べて高低差のある場所で、高台まで歩いていくのはちょっとしんどかったです。でもそこから見える景色はなかなか良い感じでした。

夕食で行ったスペシャリティレストラン「ムラーノ」、また行きたいです。

 

8)乗船7日目:ヌーメア寄港

南太平洋クルーズ最後の寄港地「ヌーメア」。ニューカレドニアの首都です。

ここに来ることが南太平洋クルーズの一番の目的でした。

「なぜニューカレドニアに行きたかったのか?」

についてはここで書いてます!

 

9)乗船8、9日目:終日航海日

4つの寄港地めぐりが終わり、シドニーへの帰路へ。

最終日、残念なくらい船が揺れて大変でした…。

普段は揺れないクルーズ客船も荒天だとさすがに揺れるんだなと、勉強になりました。

 

10)下船にシドニー観光(買い物)、帰国

セレブリティソルスティスの下船の流れとシドニー観光(お土産探し)について書いてます。シドニーは発着で立ち寄っただけだったのでいつかちゃんと観光してみたいものです。

 

第4弾:ベトナムクルーズ(ボイジャーオブザシーズ)

f:id:kumagoromi:20170903235502j:plain

2017年の夏休みに第4弾のクルーズ旅行としてベトナムに行ってまいりました。

こちらは香港発着の少し短めのクルーズです。

元々、2017年の年末にハワイクルーズ(詳細は下記リンク参照)に行く予定だったのですが、

www.ncl.com

人生プランに少し変更があり、ハワイクルーズに行けなくなったため、急遽今回のクルーズに予定を変更しました。(行かない分貯金しろよって話ですが…笑)

 

詳細は旅行記でも書きますが「クルーズは乗客が船の雰囲気を作り上げる」と言っても過言ではないなと感じたクルーズでした。

 

旅行記は鋭意執筆中です・・・

現在、細々と書いてます。乞うご期待?!

 

 

クルーズ旅行の軌跡、クルーズマップを作ってみました

何回かクルーズ旅行に行く中で「クルーズ旅行の形跡を何かに残そう!」ということになり、クルーズマップなるものを作ってみました。

f:id:kumagoromi:20170910185643j:plain

市販の世界地図にシールを貼ったり、色を塗ったり、アナログ感満載ですが、なかなか良い感じに仕上がりました。

f:id:kumagoromi:20170904023815j:plain

ちゃんと航路も書いてます笑。

 

今後、どんどん色を塗る場所を増やしていきたいです。

 

おわりに

ただのまとめ記事(リンク集)の割にあれこれ書いてたら結構な分量になってしまいましたorz

シンプルに記事を書くのが当面の課題のようです…。

 

1人でも多くの方にクルーズ旅行に興味を持ってもらえるようこれからも色々書いていきたいと思います!(毎回同じこと書いてるけど気にしない笑)

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

クマゴロでした。

(ひっそりとプロフィールも作ってます。クマゴロって何者?!って方はこちらからどうぞ。)