クマゴロ家のクルーズ体験記

クルーズ旅行のことを色々書いてます。密かにクレジットカード、マイル(陸マイラー)のことも勉強中。

ノルウェージャンエピックで巡る西地中海クルーズ④~乗船3日目:ナポリ~

どうも、クマゴロです!

 

乗船3日目は初の寄港地、イタリアはナポリに到着です。

(前回の記事はこちらから)

 

ナポリでは寄港地観光を利用

ナポリでは寄港地観光「Capli On Your Own」 を利用しました。

直訳すると「自分たちで行くカプリ島」といったところでしょうか。

カプリ島は言わずと知れた「青の洞窟」がある観光地です。

参考:青の洞窟

 

この寄港地観光は、

 

  • ナポリ⇔カプリ島の交通費(往復)
  • ガイドさんによるナポリ⇔カプリ島のエスコート

 

が付いたフリープランタイプのツアーになります。

パンフレットには「買い物や食事のことはガイドさんが答えてくれるよ」みたいなことも書いてました。

ちなみにお値段は1人109ドル。なかなかいいお値段です。

 

ナポリ着岸

この日は2人して朝の5時くらいから活動を開始しました。

寝るのが早いせいか、起きるのも自然と早くなってます。笑

f:id:kumagoromi:20161125004107j:plain

あれこれ準備しているうちにナポリ着岸。

f:id:kumagoromi:20161125004150j:plain

朝食はガーデンカフェで頂きました。

(ハッシュドポテト、完全にルーティン化してます)

 

寄港地観光は事前に予約していたので、朝食後そのまま集合場所に向かい、ツアーに出発です。

カプリ島観光ダイジェスト

ボートでカプリ島へ移動

下船して間もなく、ガイドさんと合流します。

 

カプリ島行きの船が出る船着き場までは徒歩5分ほどの距離です。

カプリ島へはそこからジェットボートなるもので移動します。(所要時間:約50分)

f:id:kumagoromi:20161125004304j:plain

イケメンのお兄さんの奥に鎮座しているのがジェットボートです。

1度に200~300人前後は乗れそうな大きさでした。

 

カプリ島到着、青の洞窟は…

ゆらゆらとボートに揺られながらウトウトしていると、気付いた時にはカプリ島に到着してました。

f:id:kumagoromi:20161125004625j:plain

早速青の洞窟へ!と進もうとするとガイドさんから一言。

 

 

「今日は波があるから青の洞窟はムリよ、残念ね」

 

 

(;゚Д゚)

 

 

だそうです。

 

調べてみたところ、青の洞窟は入り口が狭く、少しでも波があると行けない模様。

 

仮に行けたとしても入り口で順番待ちしている間ひたすら小型ボートで揺られ続けるという軽い罰ゲームのような仕打ちが待ってるそうです。。

 

三半規管弱めの私は恐らく「もたない」でしょう(´・ω・`)

 

ガイドさんと共にカプリ島ツアーへ

「洞窟に入れないのは残念…」

「でも船酔いで醜態を晒さずに済んだ…」

 

という複雑な思いを胸に秘めつつ、ガイドさんについていきます。

 

港の近くのチケット売り場まで来ると「〇時にここに集合!」とガイドさんに念押しされたらあとは解散になります。

 

このツアーは基本的にフリープランなのですが、ガイドさんがお人好しだからなのか、

「良ければカプリ島案内しまっせ」の提案が…。

 

カプリ島は

 

  • 港周辺
  • カプリ(島の中腹)
  • アナカプリ(島の頂上付近)

 

の3つのパートに分かれているようで、

 

「拠点間の交通費(全部で15ドル)だけ自分で払ってくれたらあとは道案内するよ」という趣旨のお話でした。

 

今回のツアーは30人くらいの所帯だったのですが、結果的に7割くらいがガイドさんに付いて行ってたように思います。

 

クマゴロ家もガイドさんに同行しました。

(もちろん強制ではないですし、解散後に自由行動を始めた人もいました)

 

予期せぬ展開ではありましたが、結果的にガイドさんと行動して正解でした。

 

  • 港→アナカプリへのバスの手配&移動
  • アナカプリでの自由時間の確保
  • アナカプリ・カプリでの主要スポットの紹介
  • アナカプリ→カプリへのバスの手配&移動
  • カプリ→港へのロープウェーのチケット

 

あたりが付いて15ドルぽっきりと言うのはなかなか良い仕事してると思います。

(この寄港地観光自体がもっと安いとありがたいのですが…)

 

ちなみに15ドルはガイドさんにではなく、カプリのバス乗り場にいるチケット屋さんっぽい人に払いました。

 

カプリ島を満喫

港、カプリ、アナカプリと場所によって風景も違っていい感じでした。

f:id:kumagoromi:20161125004925j:plain

アナカプリから1枚。いい感じに撮れました。

f:id:kumagoromi:20161125005021j:plain

f:id:kumagoromi:20161125005039j:plain

カプレーゼにマルゲリータ。美味。

f:id:kumagoromi:20161125005155j:plain

ジェラートもしっかり頂きました(^^)

f:id:kumagoromi:20161125005236j:plain

お土産屋さんではレモン関係の品物(ジュース、アメ、石鹸など)やオリーブオイルといった類のものが多かったです。

 

再びナポリへ

集合時間になると、再びジェットボートに乗ってナポリに戻ります。

ナポリに戻ってガイドさんとお別れして、ツアー終了です。

 

カプリ島は世界的に有名な観光地ということもあって、始終たくさんの人が行き交っていましたが、全体的にいい雰囲気の街でした。

 

今度はぜひ青の洞窟にチャレンジしたいです。(棒読み)

船内に戻るときは手荷物検査とセキュリティチェックがあるので、くれぐれもクルーズカードは忘れないようお気を付けください。

 

船内にて 

メインダイニングで夕食

夕食はメインダイニングの1つ、「マンハッタンルーム」にて頂きました。

f:id:kumagoromi:20161125005603j:plain

朝のガーデンカフェに夜のメインダイニング…黄金の組み合わせです。

 

夕食後にガーデンカフェ(ビュッフェレストラン)を覗いてみると、「イタリア」がこの日のテーマになってました。

f:id:kumagoromi:20161125005701j:plain

f:id:kumagoromi:20161125005730j:plain

国旗が無残な姿に…。

 

そんなこんなで3日目終了です。

 

本日のWiFiの通信状況

ナポリ停泊中の船内(部屋の中):ほぼNG

ナポリ停泊中の船内(屋外):OK

カプリ島までの移動中:基本OK(NGの時もあり)

カプリ島:OK

ナポリ出港後:港を出て15分くらいはOK

 

次はイタリアでの2つ目の寄港地、チヴィタベッキアです。

(次の記事はこちらから)

最後までお読みいただきありがとうございましたm(__)m

 

クマゴロでした。

 

【他にもクルーズ体験記書いてます】